powered by

─ 株式会社フィックスポイントの採用・求人情報

システム運用を自動化したいエンジニアを募集
ABOUT
企業の特徴
時代のニーズに合った自動化を生み出すため、システム運用自動化プラットフォーム「Kompira」を開発・提供。設立5年目のスタートアップで、トップエンジニアとともに第二創業期を創りあげませんか。
仮想化やクラウド・コンピューティングの浸透による運用の複雑度の高まりを背景に、飛躍的な成長を続ける運用自動化市場。
2020年には80億円規模への成長が予測されています。 
日本の労働人口減少、高齢化に伴う経済縮小を受け、製造や建設、医療、サービス業界など、システム効率化による生産性向上は社会的な課題となっています。 そのような課題をシステム運用の面から解決すべくスタートしました。
システム運用代行会社を経営していた代表・三角により、評価されにくい繰り返しのシステム運用維持業務を自動化させるシステム開発に着手し、
現在は運用自動化プラットフォーム「Kompira」、障害一次対応の自動化を実現する「KompiraVO」をサービス展開しています。
Kompira」はIT業界の「システム運用」だけにとどまらず、あらゆる領域で応用が可能な自動化基盤ソフトウェア。
今後さらに様々な分野で広く採用されるために、使いやすさや機能に磨きをかけていくため、新たな人材を募集します。
MESSAGE
これまでのシステム運用の常識を変える!
運用自動化プラットフォーム「Kompira」とは
◆システム運用自動化の必要性
システムの在り方がビジネスの進化へ直結するようになった現在、企業は様々な環境の変化に対応していかなければなりません。効率化を求め、商用ソフトやOSS、自社開発ソフトなど様々なツールが混在し、複雑化する中でも、安定的にかつスピーディーな対応が求められています。
こうした中、フィックスポイントは、人手をかけて行っている「システム運用」に着目し、自動化させるプラットフォーム「Kompira(コンピラ)」を開発しています。
システム運用における「人、品質、コスト」という3つの課題をKompiraで解決し、ビジネス進化と個々人の豊かな生活を保つ事に役立っていきたいと考えています。

◆運用自動化プラットフォーム "Kompira(コンピラ)"とは
「システム運用」と一言で言っても様々な業務があり、その業務ごとに専用のシステムが導入されています。
例えば、監視システム、チケット管理システム、メールシステム、バックアップサーバシステムなど...
運用現場では手順書に従って、人がそれらのシステムにログインしたり、コマンドを叩く作業を行っています。
また、作業が完了すれば基幹システムの連携やデータ入力を手作業に頼って行っています。いろんなシステムが導入されているものの、結局操作をするのは「人」です。
Kompiraは、人が行う業務をあらかじめシナリオに落とし込み、ジョブフローと呼ばれるプログラムをKompiraに仕込んでおくことで自動実行させることができます。
Kopmpiraは、商用ツール、OSS、自社開発ソフトなど様々なツールと連携できる強みを持っており、それぞれの現場にあった柔軟な自動化を実現できます。

◆今後の展望
KompiraはIT業界の「システム運用」だけにとどまらず、あらゆる領域で応用が可能な自動化基盤ソフトウェアです。
今後は製造業や建設業、医療などシステムがあって効率化させたいニーズがある、様々な分野で広く採用されるべく、Kompiraの使いやすさや機能に磨きをかけていきます。
COMPANY
アクセス
東京都渋谷区渋谷1-7-1渋谷S-6ビル5F
SHARE