powered by

─ 株式会社いい生活の採用・求人情報

careers at
株式会社いい生活
私たちと一緒に働きませんか?
ABOUT
いい生活って、何やってる会社?
株式会社いい生活は、元ゴールドマンサックスのシニアメンバーが
2000年に創業した会社です(東証二部上場)。 
我々は、「ITで不動産市場の未来をデザインする」ために、不動産に関する様々なシステムを
クラウドサービスとして開発、提供している「不動産テック」企業です。
「不動産市場をより良いものに」をミッションとして、動き始めた巨大な不動産市場のIT化を
力強く推進するサービスを開発・提供しています。
  • 「ITで不動産市場をより良いものに!」
    これが我々のミッション(「存在意義」)です。
  • 不動産市場で必要とされるシステムをクラウドサービスとして提供、不動産市場のIT化を支えています。
BUSINESS
私たちの事業内容
今、大変注目されている「IT x 不動産」、「不動産テック(Real Estate Tech)」がいい生活の事業領域です。
  • なにをやっているの?
    不動産市場は全ての人の生活に直結する大変重要な市場(「住まい」というサービスを必要としない人はいませんよね?)。その市場が今、テクノロジーの力で大きく進化しようとしています。

    IT化が遅れる不動産市場は、GDPの約12%を占める「国内最大規模の産業」。全国で12万を超える事業者から成る市場ですが、中小企業が多く、IT投資は進みませんでした。そういう市場に「IT」を届けるにはどうしたら良いか。我々の答えは、必要なシステムをクラウドサービスとして利用してもらうということでした。

    我々は、取引のIT化、情報の高度化、大量のデータを活用した不動産データアナリティクス等、市場に革新をもたらします。「経験」と「業界慣行」に依存した不動産市場を、「データ」と「ファクト」に基づく市場へ。我々は、テクノロジーで「不動産市場の未来を変革する」先駆者でありたい。そう考えています。
  • なぜやるのか ?
    テクノロジーの力で、より良い不動産市場を実現したいと考えています。

    当社の創業メンバーは元ゴールドマン・サックスのシニア・バンカー。日本の金融市場が1990年代にかけて、効率化及びIT化が進み、大きく変貌する過程を見てきました。

    その「市場を見るプロの目」で不動産市場を見ると、多額の資産を運用する市場であるにもかかわらず(約1,700兆円)、効率化には遠く、情報格差が存在し、情報もほとんどデジタル化されていないという状況。「何かおかしい」という問題認識、その市場を「変えたい」という「想い」が、「いい生活」の出発点になりました。

    課題が大きい分、事業機会もとてつもなく大きい。人生かけて、取り組む価値があると確信しました。
  • どうやっているのか?
    我々の開発は、市場からのフィードバックという形で顕在化したニーズに基づく開発と、まだ顕在化していないシーズからの開発から成っています。ユーザーの期待に応えるため、企画、開発、さらに営業のメンバーも交えて、 
    ・なぜその技術を採用するのか、 
    ・なぜそういう仕様にするのか、 
    ・ユーザーにとっての付加価値は何なのか、 
    徹底的に話し合いながらサービスを磨き、育てるという感覚を大切にしています。

    若いうちに圧倒的な成長を求め、ただ「システムを作る」ではなく、ユーザーが使うイメージを持って「サービスを創り」、それが「市場になる」発展性に関わり続ける醍醐味。社会が進むべき方向を先導していく未踏感と、市場を大きく変えるダイナミズムが我々の開発及びセールスチームを動かす原動力です。
  • どんな働き方?
    約130名程度の会社ですが、サービスの企画、開発から、運用、インフラマネジメント、マーケティング・販売、サポートまで一貫して自社でやっています。東京、広尾の本社は、広いワンフロアで、開発、企画営業、コーポレートの全部門が、間仕切りのない空間を共有しています。50名強のエンジニアチームは東京本社に集約、営業拠点として本社以外には大阪、福岡、名古屋支店があります。
MESSAGE
「いい生活」からのメッセージ
道を行くのではなく、道を残す。

「いい生活」は大企業ではない。 
けれども、取り組んでいる課題はとてつもなく大きい。

一番大事なものをもう一度考え 
一番大事なものをもっと良くしたい。 
 「あったらいいな」ではなく 
「なくてはならない」ものを創りたい。

先の読めない時代に、
 過去の後追いは止めよう。 
 変化を恐れるのではなく、
 変化を起こす側に回ろう。 
 私たちの前に道はない。 
 誰かが歩いた道を進むのではなく 
 まだない道をつくる。 
そこに足跡を残していけば、それは 
 やがて多くの人々にとって便利な
ハイウェイとなるだろう。

私たちの行く手には
 越えねばならない困難もあるだろう。 
しかし、そういうチャレンジの瞬間にこそ 
人も会社も大きく成長すると信じている。

今の誰かの期待ではなく 
未来からの期待に応える生き方をしよう。
あなたを必要としているのは
「過去」ではなく「未来」なのだから。

そして、あなたが
自分自身の人生を生きる決心をしたとき
 あなたは未来に輝く「原石」となる。
COMPANY
アクセス
東京都港区南麻布5丁目2-32興和広尾ビル
SHARE