Dari K(ダリケー)株式会社の採用・求人情報

careers at

当たり前のようで当たり前じゃなかったことを。Dari Kから始めます。

MESSAGE
代表取締役 吉野慶一
私たちDari Kは、
ちいさな挑戦から社会を変えていきます
私がDari Kを創業した目的。それは大口を叩いているように聞こえるかもしれませんが、
一言でいうなれば「カカオを通して世界を変える」ことです。Dari Kが目指すのは
「生産者の努力が報われる(=生産物の価値が正当に評価される)社会の実現」であり、
今の世界(=生産者の努力が報われない状況)を打破したいと思っています。

私が感じている今のカカオを取り巻く世界の違和感は、具体的に次のようなことです。

・頑張って高品質なカカオ豆を作っても、庭でテキトーに栽培したカカオ豆も、同じ価格で
買い取られるっておかしくない?(マジメに仕事する人が馬鹿を見る世界でいいの?)

・そもそもカカオ豆の価格を決めるのが、カカオを育てた生産者ではなく、カカオ豆を買う
バイヤーでもなく、ニューヨークやロンドンの国際相場で決まるのっておかしくない?
(あなたの成績や給料が全く会ったこともない人がサイコロ振って決めてたら、どう思う?)

・一生懸命カカオを育てたのに、気候変動の影響で開花のタイミングが遅れ、結実
(受粉して実をつける)の確率が下がり、収穫量が減ったのに、その分カカオの保障が
ないっておかしくない?(地震や台風で被害受けたら被災地支援と言って寄付するのに、
ニュースにならない自然災害や気候変動にはお構いなしって、それでいいの?)

・消費者に少しでも安心で安全なカカオを届けようと、殺虫剤や農薬の使用を控えた結果、
病害虫にやられて収量が少なくなったことに対し、そういう大変な責任は全部生産者が
負って、消費者はやれ残留農薬が問題だの、化成品を使うなだの主張はするけど
責任は一切とらないのっておかしくない?(これも正直者が馬鹿を見る世界だよね?)

・カカオの産地で児童労働や強制労働が問題とかいうけど、それらを無くすために
生産者のモラルを上げようというのは本質ではなくない?だって、ちゃんと大人を雇って
カカオ生産で生計が安定するなら、だれも好き好んで子どもを働かせないよね?
頑張って働いても生活していけないレベルの収入だという現状があるから、児童労働が
なくならないんじゃない?(安いは正義かもだけど、過剰な安さは誰かにしわ寄せがいくよ?)

読んでいて気付いた人もいるかもしれないですが、これはカカオに限ったことではないです。
コーヒーやコメなどの農家も、程度の差こそあれ同じような境遇にあっていると思うし、
農家だけでなく漁師など、いわゆる第一次産業(農林水産業)に従事している人は、
このような環境に近いと思います。

もちろん、例えばコメであれば品質によって、あるいは品種や栽培地域によって、
ある程度、価値が価格に反映されてますよね(魚沼産コシヒカリは高いとか)。
でも、カカオはそうではありません。とりわけインドネシアは、ガーナやエクアドルなどの
他のカカオの産地とは異なり、ただでさえカカオ豆の価格はニューヨークやロンドンの
国際相場で決まるのに、その相場からさらにディスカウントされて(割り引かれて)
取引されているのが現状です。

なぜディスカウントされているか?それはインドネシアのカカオは、高品質な、
つまり香り高く風味が良いチョコレートを作るのに必要な「発酵」の工程を経ないケースが
極めて多いからです。「発酵していない=品質が悪い=ディスカウント」こういうこと。

でもですよ!

インドネシアのカカオ農家の中には、ちゃんと発酵させて良い品質のカカオを作りたいと
思ってる、気合の入った農家だっているんですよ。でも、どんなに頑張っても、
未発酵の豆と変わらない金額で買い取られてしまう。そんな状況に身を置かれたら、
みんなやる気なくなっちゃうと思いませんか?

テストで100点とっても、0点でも、期末の成績は同じだとしたら?それでもみんな
テスト勉強しますか?頑張って営業成績1位をとっても、サボってばかりいて営業成績が
ビリでも、給料が同じだったら?それでもあなたは毎日汗水たらして営業に行きますか?

やっぱり努力が報われる世の中にしないといけないです。そうじゃないと、
正直者が馬鹿を見る。そうしたら頑張る人がいなくなる。そして社会は、終わります。

Dari Kがなぜカカオにコミットしているか、なぜインドネシアのカカオにこだわるか、
それは美味しいチョコレートを作るためではないです。世の中を変えるためです。

Dari Kが支援しているカカオの契約農家の収入があがりました。上がった収入を農家は
何に使ったか、アンケートを取りました。TVを買った?バイクを買った?

いいえ、違います。

もっとも多かったのは、子どもの教育費に充てたという回答。カカオ農家の収入では
これまでこどもを大学に行かせることはできなかったけど、収入が上がったので
こどもの可能性を親が潰さずに済んだというんです。

そして2番目に多かったのは、農園を拡大したという回答。訳の分からないカカオの
国際相場に人生を捧げることはできないけど、Dari kの契約農家になって自分の努力が
報われるなら、もっと農業に向き合いたいと。カカオ栽培を頑張りたいと。

みんな人生変わってるんです、私たちの取り組みで。

私たちにとって、チョコレートは手段です。目的ではありません。
カカオやチョコレートという手段を通して、生産者も消費者も環境も
みんながHappyになる。それが目的です。それがゴールです。

簡単には達成できません。そのプロセスは正直しんどいです。
頭も体も毎日ヘトヘトになります。だからみんなやらない。
別にやらなくても死なないしね。
でもそうしていたら世の中変わらないです。

Dari Kはアナタを養う会社ではありません。
世界を変える同志たちが、日々頭と体をヘトヘトにしている場所に過ぎません。

できない・やらない言い訳ばっかりしてないで、
一丁本気でやりませんか?
採用ページTOPへ戻る
SHARE