今増えている、出戻り社員とは?注目される理由とメリットを解説!

/

以前退職した社員から会社に戻りたいと相談を受けたことはありませんか。「採用したい気持ちはあるけど、前例がないから心配…」「こういう時他の会社はどうしているの?」と感じている採用担当者や経営者は必見です。

 

この記事では、一度退職した社員を再雇用する、「出戻り社員」について解説します。なぜ最近、出戻り社員が注目されているのか、実際にどれくらいの企業が出戻り社員を採用しているのか、出戻り社員を採用するメリットなどを紹介。

 

採用が難しくなっている今だから、既存のやり方にとらわれず、新しい採用手法をどんどん取り入れることが大事です。記事を読んで、ぜひ貴社の採用活動にお役立てください。

 

出戻りとは?

/

出戻り社員とは、退職後に再雇用され、また戻ってきた社員のことを指します。たとえば、一度退職して他の企業で働いたり、独立や起業をした後に、元の企業に社員として戻る方を、出戻り社員といいます。

 

明確な定義はありませんが、定年後に再雇用されて働いている人のことは、出戻り社員とは言いません。退職後に一定の期間会社から離れ、その後戻ってくる社員のことを出戻り社員といいます。

なぜ今、出戻り社員が注目されているのか?

/

家族的な経営をする企業は「一度辞めた会社に出戻ることはありえない…」と否定的な声につながるかもしれませんが、現在は日立やパナソニック、三井物産など大手企業や、ネットベンチャー企業がでも出戻り社員の採用に積極的になっているのをご存じですか。今では、有効な採用手法として、多くの企業が注目を寄せているのです。ここでは、出戻り社員が注目されている理由について見ていきます。

採用難の時代になったから

令和に入った今でも、採用の難易度を示す有効求人倍率は右肩上がり。2019年の有効求人倍率は依然として高いまま。2019年5月の有効求人倍率は、全国で1.62倍。1人の求職者に対して、およそ1.62件の求人があることを表します。

 

つまり求職者が求人を選べる優位な立場。企業にとっては、採用しづらい状況です。この状況は今後も続く見込み。求職者の売り手市場は、継続していくと予想されています。こうした採用難の背景があり、新たな人材との接点が作りづらい中、一度退職をした社員の再雇用に注目が集まっているのです。

今後も労働人口は減り続けるから

グラフを見てください。厚生労働省の調査によると、2000年を頭打ちに、労働人口が徐々に減っていることが分かります。

 

労働人口の推移

参考:労働経済の基礎的資料(厚生労働省より)

 

高齢化に拍車がかかり、引退する人は増加。2025年には65歳以上の人口が3割を超えるとされている日本では、2030年まで総労働人口が減少し続けていく予定です。つまり採用難は続いていくということ。このように労働人口が減少する中では、新たに人材を採用をするのが難しく、辞めた社員に声をかけたほうが効率良い採用になるため、出戻り社員が増えているのです。

実際にどのくらいの企業が出戻り社員を雇用したのか

実際にどのくらい企業が出戻り社員を雇用しているのか。エン・ジャパンが運営する『人事のミカタ』が調査したアンケートをもとに解説します。


一度退職した社員を再雇用したことがある割合

アンケートによると、出戻り社員を雇用したことがある割合は72%という結果になりました。

出戻り社員の受け入れアンケート

出典:人事のミカタ『出戻り社員(再雇用)について

 

注目したいのは、再雇用の制度を設けている企業はほとんどないこと。わざわざ制度化しなくても、元社員から直接声がけをされた場合などに特例的に対応している会社が多いようです。

 

出戻り社員の受け入れアンケート③

出典:人事のミカタ『出戻り社員(再雇用)について

 

再雇用をすることになった、きっかけ

再雇用で最も多いきっかけは、「本人からの直接応募」です。

 

出戻り社員のアンケート②

出典:人事のミカタ『出戻り社員(再雇用)について

 

一度退職し、他の企業を経験した結果、過去の職場の良さに気づき応募したという声が多くあります。たとえば、新卒採用で入社し、退職した社員にその傾向があり、青い鳥のように他社に憧れ転職したものの、実際に経験してみたら、思ったほどではなかった、最初の会社がよかった…と出戻るようケースも。

 

その他の理由としては、
・在職時の元上司からの紹介
・在職時の同僚からの紹介
・社長、経営陣からの推薦
というものが続きます。

反応が良い具体的なエピソード

出戻り社員の再雇用に関して、社員の反応が良かったエピソードを紹介します。

 

・退職を残念がっていたお客様から、再雇用で復帰とわかるとかなりのお客様から食事、飲み会に誘われている。彼が在職時にお客様目線で仕事をし、それが会社への貢献につながっていたことを顕著に表していると思っています。

 

・一度退職し、他社を経験したことにより、自分自身の弱点を見つけることが出来、その点を自ら律しながら業務にあたってくれることで、復帰前在職時よりもマネージメントの面でスキルアップしており、こちらが期待していた即戦力としての復帰が現実になったため。

再雇用した理由

最も多い理由は、「即戦力を求めていたから」です。どんなに優秀な人材を中途採用した場合でも、研修などを実施した後、成果を出し始めるまでに3カ月~半年はかかるものです。一方、出戻り社員は、かつて同じ仕事で成果を出していたため、当時との変更点さえ教育できれば、すぐに成果を出すことが可能です。

 

出戻り社員の受け入れアンケート④

出典:人事のミカタ『出戻り社員(再雇用)について

 

その他の理由は、
・人となりがわかっているため安心だから
・本人に強い復帰の意志があったから
・中途採用が難しいから
と続きます。

再雇用後の周りの社員の反応

出戻り社員を受け入れたことに対し、周囲の社員の反応を企業に聞くと、「とても良い」「まあまあ良い」と回答した企業は合計で8割以上となっており、概ね好評であることが見て取れます。

 

出戻り社員の受け入れアンケート⑤

参考:人事のミカタ『出戻り社員(再雇用)について

 

ポジティブな反応では、下記のような声もありました。

 
高スキルエンジニアであったこともあり、若手社員からすると、出来る先輩が増えることへの安心感があった模様。大手への転職からの出戻りでもあったので、在籍社員が、弊社の魅力について認識するきっかけとなった。出戻り社員が周りに好影響を与えてくれ、刺激になるケースも少なくありません。

反応が悪い具体的なエピソード

出戻り社員の再雇用に関して、逆に反応が悪かったエピソードも紹介します。

・もともと在職中の評価が低かったことに加え、退職の際まともに引き継ぎもなく逃げるように退職。経営層の意向でしかたなく受け入れることになった。波風を立てながらも戻ってきたが、結局半年ほどでまた辞めてしまった。


・自らの意思で一度退職した社員をなぜ戻すのかという反発が非常に強かった。

出戻り社員を採用するメリット

続いて、出戻り社員を採用するメリットをご紹介します。

即戦力として迎え入れることができる

出戻り社員は、かつて自社で培った経験と、他社から学んだ経験があります。それらをかけ合わせることで、能力を早期に発揮することができます。

他社のノウハウが活かせる

自社にはない他社の営業ノウハウや職種の経験を、持ち帰ってくれるというメリットもあります。

 

例えば、大手企業に転職した後、中小企業である自社に出戻った社員からは、営業ノウハウの浸透のさせ方や、組織の作り方を共有してもらったり、ルート営業主体の自社組織に新規営業のノウハウをレクチャーしてもらった、という話もあります。

会社とのミスマッチが少ない

求職者が、不十分な企業理解のまま入社し、「こんなはずじゃなかった…」と早期離職につながることもあります。自社の良いところばかりに目が行っていると起こりやすいこのミスマッチ。

 

その点、かつて勤務した経験がある社員にとっては、会社の良いところだけでなく、至らないところも重々理解した上で戻ってきているため、「こんなはずじゃなかった」は起こりません。長いブランクがある場合は可能性がありますが、少なくとも転職者ほどではありません。

教育コストがかからない

一度は自社で勤務した経験があり、仕事で成果を出していた元社員であればあるほど、教育コストが抑えられます。

 

会社にいなかった期間に変わった社内ツールの使い方の他、変更になった点を伝えるだけでも、自走できるという出戻り社員もおり、手取り足取り付きっきりの新入社員とは段違いで、教育コストがかかりません。

費用がかからない

退職した社員から直接相談が来るケースも多く、その場合は、求人広告費用はかかりません。

 

たとえば、求人広告を出す場合は、出稿費用は安くても数万円から数十万円になり、企業の大きな負担になってしまいますが、元社員が応募してくれれば、採用費はゼロ。まったくお金はかかりません。ちなみに「アルムナイ」という退職した社員のネットワークを作り、退職後に社員が戻ってきやすいような環境を作り、採用費用を抑える企業もあります。

出戻り社員を採用する注意点

ここからは、出戻り社員の採用を検討する場合、どんなことに注意すべきかご紹介します。何も知らずに試して「こんなはずではなかった…」とならないように、ここでしっかり理解を深めていきましょう。

以前と同じ成果を出してくれるか分からない

出戻り社員を採用したとしても、必ず以前同様の成果を発揮するとは限りません。ここはしっかり見極めていく必要があります。

 

他社で得た経験や能力は活かせる一方、逆に足かせになることも十分に考えられます。「他社ではこうだった」と言い張る問題児になってしまう人もいるため、元社員だからと簡単に採用するのは危険です。再雇用の選考時に、学んできたことや自社でやりたいことを聞いておきましょう。

他の社員の待遇を考慮する必要がある

出戻り社員の待遇によっては、他の社員が不満を持つこともあるので注意が必要です。

 

たとえば、出戻り社員を既存社員よりも高待遇で迎えた場合、不満を抱く社員が現れるかもしれません。給与テーブルにおいてどのランクで戻すのか、どの既存社員と同じ職級で戻すのかなど、事前の調整を丁寧にやっていく必要があります。

既存社員の退職に対する認識に変化が起きる可能性がある

出戻り社員を迎えることは、既存社員に「転職しても出戻れる」という誤ったメッセージとして伝わってしまう場合があります。結果、既存社員の退職者に対する認識が変わり、積極的に転職活動に踏み出す人が出る可能性もあります。

 

既存社員が誤った認識をしないためには、「誰でも出戻りができるわけじゃない」と分かってもらうためのルールを設けましょう。例えば、「3年以上の勤務経験」「退職時に引継ぎをしっかりした」「しっかりと成果を出している」「家族の転勤に伴う退職だった」など、をルール化している企業もあります。

まとめ

ここまで、出戻り社員がなぜ注目を集めているのか、雇用するメリットや注意点についてご紹介しました。採用が難しい時代だからこそ、出戻り社員の採用は現実的に必要になってくると思われます。ぜひ貴社でも検討してみるのが、いいかもしれません。

採用に困ったらengage(エンゲージ)で無料で求人掲載

出戻り社員はネガティブなものではありません。この時代は有効な採用ですので、もし退職者から話が合ったときは、検討してみてください。また出戻り社員だけではなく、幅広い人材を採用するためのお役立ちツールをご紹介します。engage(エンゲージ)です。

engage(エンゲージ)とは?

engage(エンゲージ)とは、全国24万社で利用されている採用支援ツールです。

 

engage(エンゲージ)は求人掲載から、採用ホームページの作成、応募者管理、人材の採用まで、無料で行うことができ、また1つのサービスで採用活動の支援を完結できます。ここからは、engage(エンゲージ)の特徴をご紹介。一緒に見ていきましょう。

無料で採用サイトがつくれる

engage(エンゲージ)は求人の掲載だけでなく、無料で簡単に採用サイトをつくることができます。プログラミングなどの専門知識は不要。採用サイトのフォーマットが用意されているので、デザインを選んだり、写真を選んだりしていけば、最短5分で採用サイトが完成します。下記がengageで作った採用サイトの事例。こういったサイトがすぐに無料でつくれるのです。

無料で求人サービスに掲載できる

engage(エンゲージ)に求人を掲載すると、Indeed、LINEキャリア、Google しごと検索、Yahoo!しごと検索、求人ボックスといった求人サービスにも対応ができます。engageを活用すれば、求人の露出度を高めることができ、応募に期待できます。無料で応募を集められるのがengage(エンゲージ)です。

無料でスカウトメールを送れる

一般的に有料で利用するスカウトメールも、engage(エンゲージ)なら無料で送ることができます。送信数は1週間で10通を用意。ターゲットを決めて送信をすることで、効率よく優秀人材にアプローチすることが可能です。

 

こういった機能をすべて無料で利用できるから、24万社が利用中。無料ですので、リスクはありませんし、サービスの利用をやめたくなったら退会もできますので、ご安心ください。登録は1分。まずは無料で求人掲載を。engage(エンゲージ)で0円採用を実感してみてください。