採用サイトの制作費用っていくらかかるの?費用相場を徹底解説!



  • 採用サイトって、いくらでつくれるの?
  • コストを抑えて採用サイトを作成する方法を知りたい
  • 採用サイトをつくるにあたって相場ってどのくらいなの? 

 こういったことを知りたい方に向けて書いています。この記事を読めば、採用サイトの費用相場や、採用サイトの制作手法別の費用、そして自社に合う制作費用などが分かるようになるはずです。

 

 

 

採用サイトの制作費用は、作成方法によって異なる


「採用サイト制作」と一言でいっても、作り方によって費用が大きく異なるのを知っていますか。まずは、採用サイトの作成方法の種類について説明していきます。

 

大きくは下記3つの作成方法があります。

  • 制作会社ではなく、自社で作成する
  • 制作会社を利用するが、テンプレートを活用し、費用を抑える
  • 制作会社を利用し、他社と差別化できるオーダーメイドの作成をする

 まずはどの作り方が自社に合っているのか考えるために、上記を1つずつ、詳しく見ていきましょう。

制作会社ではなく、自社で作成する場合


制作会社に頼まず、自社で採用サイトを作る場合です。たとえば、社内にITに詳しい人材がいる場合、システム部門などがある会社は、業務のキャパシティなどにもよりますが、自社で採用サイトを作成することができます。

 メリット

・採用コストを抑えることができる

制作会社に頼んだ場合、どんなに安くても10万円はかかってしまいます。コンテンツの充実度によっては数百万円かかるものも。しかし、自社で制作することができれば、こういった制作費用をゼロにすることができます。

 デメリット

・コンテンツ作成スキルが求められる

制作会社に依頼すれば、どんなコンテンツを作成すればいいのか考えてもらえますが、自社で作成する場合は、自分たちでコンテンツ内容を考えなければなりません。どういった内容が求職者に刺さるのか、そもそも採用サイトに必要なコンテンツとは?というところから調べていかなければならないので、時間がかかってしまいます。

 

・専門知識が必要になる

自社でサイトの設計からHTML、CSSなどのコーディング、デザイン、ライティングなどすべてを行なう必要があるので、専門知識が必要になります。

制作会社を利用するが、テンプレートを活用し、制作費用を抑える場合

メリット

・コストを抑え、必要最低限のコンテンツを揃えることができる

自社で作成するよりも費用はかかってしまいますが、できるだけ費用を抑えた形で採用サイトを作成することができます。採用サイトとしての最低限必要になるコンテンツが揃っているフォーマットで作成できるので、求職者にはしっかりとアピールすることができます。

デメリット

・デザインやコンテンツの自由度が低い

ある程度決まったフォーマットに沿って作成するので、デザインやコンテンツの自由度は制限されてしまいます。こんなコンテンツがホシイと思っても、なかなか実現できないのがフォーマットの難しいところです。

 

・他社と差別化できないので、話題になりづらい

フォーマットに沿って作成するので、なかなか他社と差別化できるコンテンツを作成することができません。そのため、SNSでバズったり、話題になるような採用サイトにするのは難しいでしょう。

 

制作会社を利用し、他社と差別化できるオーダーメイドの作成をする場合

メリット

・他社と差別化できるコンテンツを用意できる

オーダーメイドなので、デザイン、コンテンツも自分たちが考えた通りになります。そのため、他社と違うインパクトを出したり、他がやらないような企画で目を引く採用サイトを作成することができます。

 

 ・SNSでバズったり、話題になったりするコンテンツを作成できる

他にはない独自の企画などをたてることができるので、SNSで話題になったりするような採用サイトを作ることが可能です。話題になれば、集客もたくさんできるので、その分、応募する人も増えるなども期待できます。

 

デメリット

・費用が高い

オーダーメイドになると、数百万円から高いものだと1000万円を超えるようなものも。オーダーメイドでイチから作り上げることになるので、費用が高くなります。

 

・完成するまで時間がかかる

様々なコンテンツを作ったり、手の込んだデザインにしたりするので、その分制作に時間がかかってしまいます。すぐに採用サイトが作りたい、すぐに募集を開始したいニーズに応えることができません。

 

目的から考える、採用サイトの制作費用

下記が採用サイトの目的別と費用相場、制作期間をまとめた表になります。

 

目的 費用相場 制作期間
とにかく安く作りたい 10万円以下 1週間~
最低限のコンテンツを揃えたい 10万円~50万円 2週間~1.5ヶ月
デザインやコンテンツにも自由度がほしい 50万円~150万円 1ヶ月~2ヶ月
話題になるようなサイトにしたい 150万円以上 2ヶ月~4ヶ月

 

 とにかく安くで採用サイトをつくりたい

とにかく安くで採用サイトを作りたいという場合は、「自社で作成する」という方法になります。0円~10万円とコストをかなり抑えることができるので、おすすめです。

 

制作期間は、自社の業務状態によりますが、早ければ1週間。たとえば、メイン業務とは別にサブ業務としてやる場合は、半年以上かかってしまうこともあるでしょう。  


最低限のコンテンツが揃った採用サイトをつくりたい

最低限のコンテンツが揃っていればOKという方は、制作会社に依頼し、テンプレートに沿って作ってもらうのがおススメです。

 

デザインなどについて、あまり自由度はありませんが、コストは10万円~50万円と抑えることができます。制作期間は2週間~1.5ヶ月程度を見ていれば十分だと思います。

 

デザインやコンテンツにも自由度がある採用サイトをつくりたい

「デザインやコンテンツにも自由度がホシイ」という方は、制作会社に依頼し、オーダーメイドで作成してもらうのがおススメです。どんなコンテンツがいいのか、打ち合わせで決めていき、場合によっては、取材なども必要になるケースも。

 

写真などもプロのカメラマンが撮ってくれるので、かなり本格的なサイトに仕上がるでしょう。制作期間は1~2ヶ月ほどかかります。

 

他社と差別化できるようなコンセプトのある採用サイトをつくりたい

こちらは費用に余裕がある企業様におススメです。他社と差別化できるようなインパクトのある採用サイトをつくったり、遊び心のあるリッチなコンテンツなどで求職者の話題になる方法です。

 

制作会社に依頼し、オーダーメイドでつくってもらうことになります。 費用は最低でも150万円ほどで、こだわればこだわるほど費用はあがっていきます。制作期間もこだわった分長くなるので、2ヶ月~4ヶ月かかるのが一般的です。

 

 採用サイトの目的を理解すれば、制作費用を抑えることができる!

 お金をかければ、良いサイトができる。こう思っている方も多いかもしれませんが、決してそんなことはありません。

 

採用サイトの目的は、デザインをかっこよくすることではありませんし、目を引くようなコンテンツを作ることでもありません。また話題になることでもありません。目的はたったの1つ。応募数を増やすことです。

 

 

 この目的が達成できれば、良い採用サイトと言えます。デザイン的に少し見劣りするものであっても、目的が達成できれば良いサイトと言えますし、逆にお金をかけたとしても、応募数を増やすことができなければ、良いサイトとは言えないのです。

 

ここで改めて採用サイトに求められるものを整理してみましょう。採用サイトで求められるものは、①魅力付け ②不安払拭 の2つです。

 

①の魅力付けについては、求職者に会社の良さを伝えるコンテンツが有効です。たとえば、求人では伝えられなかった内容や、会社の事業内容、仕事内容などについて言及するコンテンツが考えられます。

 

②の不安払拭ですが、何に不安を感じるかを考えてコンテンツを作っていきます。たとえば、会社の雰囲気に不安を感じている方が多いと仮定すれば、会社の雰囲気を写真で伝えることで不安を取り除くことができますし、離職率や残業時間を気にされる人が多いのであれば、そういった情報を開示していくことが有効です。

 

このように、魅力付けと不安払拭の2軸でコンテンツをつくり、応募数を増やすように工夫することが、採用サイトの基本になります。

 

制作費用だけではなく、採用サイトの運用費用も考える

費用を考えるうえで気をつけたいのが、目先の制作費用だけで判断してしまうことです。

 

採用サイトを運用すると分かるのですが、定期的に更新しなければならない情報や、修正しなければならないことが出てくるもの。たとえば、求人情報を掲載していたが、充足したため求人の掲載を取りやめたいとか、給与に変更があったので修正したいといったことは頻繁に発生します。

 

こうしたときに制作会社に依頼をすると、1回につき数万円かかってしまうことも。そのため、運用費用までしっかり理解していないと「思っていたよりも高くついてしまった…」ということになりかねません。通常、採用サイトなどの運用を制作会社に依頼した場合、年間5万円~15万円ほどになります。

 

採用サイトの制作費用も抑えたい、運用費用もかけたくない…そんな方へ

「結局、高くついてしまうのか…」「運用費用高いな…」と諦めムードになっている方もいらっしゃるかもしれません。年10万円というのは、決して小さな額ではありませんからね。

 

そんな方には、engageがおススメです。engageは大手企業をはじめ21万社以上が導入している採用支援ツール。専門的な知識は一切不要で、採用サイトを最短5分で作成できるのが特徴です。ちなみに作成できるのは下記のようなサイト。

 

(株式会社にんべん様)

 

会社のビジネスのことや、

(株式会社一条工務店様)

 

会社のこだわりも。

 (株式会社浅野屋様)

 

会社として伝えたいメッセージも。

(ブルーウェーブ株式会社様)

 

働く人の写真とメッセージも。

 (フィールズジュニア株式会社様)



 

その他画像なども。

 (AFURI株式会社様)



予めフォーマットで用意していますので、そこにテキストを埋め込んだり、写真を選んでいくだけで、おしゃれなサイトが完成します。専門的な知識がなくても、誰でも簡単に作成できます。もちろんスマホ対応。スマホで見たときもきれいに見えるのが特徴です。

 

自分たちでつくれるから費用はゼロ円。修正費用もかかりません。何度修正しても、ゼロ円です。制作会社に依頼したら、50万円~60万円以上かかるので、コストを抑えることができます。

『Indeed』にも『LINEキャリア』にも自動で求人が掲載されます

求人情報を作成すれば、話題の『Indeed(インディード)』やLINEがはじめた転職情報サービス『LINEキャリア』、『Yahoo!しごと検索』『Google しごと検索』にも自動で掲載される優れもの。

 

 

 

engageを使えば、求人の露出度が上がり、応募が期待できるというわけ。もちろん、engageでつくった採用サイトから直接応募する求職者もいるため、応募をより見込めますし、ミスマッチのない情報を提供することができます。

 

なんで無料で使えるの?

上記で紹介した機能はすべて無料で利用ができます。でも「そもそもなんで無料なの?」とお考えの方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、全く怪しいサービスではありませんので、ご安心を(笑)。現に大手企業をはじめ21万社以上にengageを利用していただいています。怪しいサービスであれば、こんなに普及することはありませんよね。

 

なぜ無料なのかと言えば、有料サービスを用意しているためです。有料オプションを利用するとさらに多機能を利用できるようになると言う仕組みです。

 

もちろん、採用サイトの作成や求人掲載は無料で利用できるサービスですのでご安心を。さらに機能を追加したい、効果をより出したいというときに有料を選ぶことができます。当然、希望されない場合は無料でずっと利用できるのでご安心ください!

 

無料ですので登録リスクはなし。気に入らなければ退会もできます。でも、きっと貴社の採用活動に役に立つはず。この機会にぜひ、ご活用ください!