LINEキャリアに無料で求人掲載する方法

 

 

普段、親友や家族、仕事仲間などとコミュニケーションを取る際、どのようなツールを使っていますか。おそらくほとんどの方がLINEを使っていると思います。

 

それもそのはず。LINEのデイリーユーザー数は7900万人とも言われており、すでに私たちの生活には欠かせないツールになっています。

 

そんな生活インフラになっているLINEが新しく転職情報サービスをスタートしたのをご存知ですか。それが『LINEキャリア』。

 

この記事ではLINEキャリアのサービスの特徴や、無料で求人を掲載する方法を解説。今ユーザーがぐんぐん増えているサービスですので、掲載方法を知り、貴社の採用活動に役立ててください。

 

CHECK!

すぐにLINEキャリアに求人を載せたい方は、下記ボタンからengage(エンゲージ)を使って無料で求人を掲載を!

 

Indeed、求人ボックス、Yahoo!しごと検索、Google しごと検索などの今話題の求人サービスに自動掲載されます。東証一部上場のエン・ジャパンのサービスだから安心。現在30万社以上が利用しています。登録は30秒で完了。無料なのでリスクはありません。

 

 

en-gage.net

 

 

 

 

LINEキャリアとは?

『LINEキャリア』は、エン・ジャパン株式会社と、LINE株式会社による合弁会社「LENSA株式会社」が2018年10月にリリースした新しい転職情報サービスです。リリースから1年足らずで会員数はすでに300万人以上。この急速な成長の理由は、LINEキャリアの使いやすさにあります。

 

LINEアプリ内の1機能として使用できる

LINEキャリアの特徴は、LINEアプリ内の1機能として使用できること。求職者は新たなアプリをインストールする必要がありません。つまり、LINEアプリを使っているユーザーであれば、すぐにLINEキャリアを利用できるのです。

 

これは、求人を掲載する企業にとっては非常に魅力。日頃から多くのユーザーが利用しているLINEのプラットフォーム上で求人情報を掲載できるため、幅広いユーザー層に対してアプローチが可能になり、採用機会を拡大できるのです。

 

LINEキャリアの使い方はカンタン。公式アカウントから『LINEキャリア』を友だち追加します。その後は、トーク画面でプロフィールを簡単登録。友達とトークするような感覚で使えるので、ストレスもありません。(下記図参照)

 

           

          

検索履歴に応じた最新求人情報のプッシュ配信がある

さらに『LINEキャリア』内でのトーク内容やユーザーの検索履歴をもとに、おすすめの最新求人情報が配信されます。

 

友だちからLINEが届くような感覚で最新の求人が届くので、わざわざメールボックスなどへ行ったり、別のアプリを起動する必要もありません。LINEのトーク一覧を見れば、LINEキャリアから最新の求人情報が届きます。

 

日常的に利用するLINEで簡単にスピーディーに仕事探しができる。求職者がスムーズに使えるように考えられているのです。  


         

         

 

LINE上で求人の応募も完結できる

LINEキャリア内で気に入った求人が見つかれば、そのまま応募することが可能です。履歴書情報も簡単に登録できるので、手間もかかりません。応募した企業からのメッセージもLINE上で確認することが可能。LINE上で仕事探しから応募までを完結できるので、ストレスなく、求職者が日常的に使えるサービスになっています。

 

 

 

企業がLINEキャリアに求人を掲載するメリット

とにかく多くの人に見てもらえる

サービス開始から1年足らずで、これだけ多くの人が使っているサービスですので、LINEキャリアに求人を載せれば、求職者に見てもらいやすくなります。 

「求人を載せても、まるで反応がない」

「全然応募が集まらない…」

 というのは、もしかすると求職者がいないところで求人掲載をしているからかもしれません。多くの求職者が集まる場所で求人を掲載すれば、手ごたえを感じるはずです。

 

今後さらにユーザーは増えていくので、その分見てもらえる可能性も高くなります。

 

地方のユーザーにもアプローチできる

マクロミル社のインターネット調査によると、LINEユーザーの居住地は、全国の人口分布率に近い数値になっています。つまり、LINEキャリアに求人を掲載すれば、全国にいるLINEユーザーに求人情報を届けられます。地方採用にも有効なのがLINEキャリアです。

 

 

    

 

LINEキャリアに求人を掲載する方法は?

 幅広い層にアプローチができるLINEキャリアに、どうやって求人を掲載できるのでしょうか。

LINEキャリアの求人掲載方法は2種類ある

(1)転職情報サービス、エン転職に掲載する(有料)

1つ目は、転職情報サービスの『エン転職』に求人広告を出す方法です。

 

エン転職に求人広告を出すと特典として、自動的にLINEキャリアにも求人が掲載される仕組みです。 この掲載方法のメリット・デメリットは下記です。 

メリット
  • エン転職に求人を掲載すれば、無料でLINEキャリアに求人が掲載される

 

デメリット
  • エン転職に求人を掲載するために費用がかかる
  • エン転職の掲載期間が過ぎると、LINEキャリアに求人が掲載されなくなる

 

ただ、エン転職に求人を掲載するには費用がかかるので、「採用コストを抑えたい…」という企業にとってはあまり魅力に感じない方法かもしれません。

 

(2)engage(エンゲージ)に無料で求人を掲載する

もう一つは、無料の採用支援ツールengage(エンゲージ)を利用する方法です

 

30万社が利用するengage(エンゲージ)という無料採用支援ツールを使って、求人を掲載すれば自動的にLINEキャリアに掲載されます。

 

この掲載方法のメリット・デメリットは下記です。 

メリット
  • 無料でLINEキャリアに求人を掲載できる

 

デメリット
  • 特にナシ

 

この掲載方法は無料ですので、「採用コストを抑えたい」「できるだけお金をかけずに採用活動をしたい」という企業におすすめです。

 

 

 

 

LINEキャリアと自動連携できる、engage(エンゲージ)とは?

ところで「engage(エンゲージ)って何?」「もう少し詳しく知りたい」と思われた方もいるのでは?

engage(エンゲージ)は、30万社以上が利用をしている、無料で使える採用支援ツールです。

 

engageを使って無料でできること

(1)採用サイトがつくれる(知識不要で5分で完成)

(2)求人を作成・掲載できる

(3)他の求人サービスにも求人が掲載される

(4)会員数800万人のエン転職会員にスカウトメールが送れる

(5)その他機能が盛りだくさん

 

1つずつ説明していきます。

採用サイトがつくれる

engage(エンゲージ)は無料で採用サイトが作れます。プログラミングなどの知識は一切不要。デザインフォーマットが用意されていますので、画像を選んだり、テキストを入力するだけで、採用サイトをつくることができます。

 

エン・ジャパンの調査によると、求職者の8割近くが、就職・転職の際に企業の採用サイトをみることが分かっています。でも大丈夫。企業の採用活動には不可欠な採用サイトを無料で簡単に作れるのです。ちなみにengage(エンゲージ)でつくった採用サイトの一例が下記です。

 

株式会社にんべん様

engageの採用パネル

 

(ブルーウェーブ株式会社様)

engage採用ページ例

 

求人を作成・掲載できる

作った採用サイト上に求人を掲載できます。下記のような求人フォーマットが用意されているので、それに合わせて選んだり、テキスト入力したりするだけです。求人は何件でも掲載できますし、掲載期間に限りはありません。また掲載後も何度でも修正できます。

求人作成画面

Indeed(インディード)など様々な求人サービスに自動連携できる

engage(エンゲージ)で求人情報を作成し、公開すれば、LINEキャリアに自動的に掲載されます。またLINEキャリアだけではなく、話題の『Indeed』『求人ボックス』『Google しごと検索』『Yahoo!しごと検索』にも対応しているため求人の露出度は高まります。

 

engage(エンゲージ)を使えば、様々な検索エンジン型求人サービスに自動的に求人が掲載されるので、応募の可能性がグッと上がるというわけ。

 

また、engage(エンゲージ)でつくった採用サイトから直接応募する求職者もいるため、応募がさらに見込めるようになるのです。

 

engageの連携先

 

会員数800万人超のエン転職会員にスカウトメールを送れる

また、会員数800万人以上を抱える『エン転職』のユーザーに向けて、スカウトメールを送れるのも魅力の1つ。

 

スカウトメールとは、求める人材の条件に絞ってメールを送り、応募を促すことができるサービス。採用したい人材に、直接アプローチできるので、さらに応募が期待できます。

スカウトメール送信画面

 

最後に

engage(エンゲージ)は無料で利用できるので、リスクはありません。気に入らなければすぐに退会もできます。でもきっと貴社の採用活動の役に立つはず。

 

30万社が利用する確かな理由がここにあります。engage(エンゲージ)をこの機会にぜひ、ご活用ください。

 

 

en-gage.net