学習性無力感とは?あなたの職場は大丈夫?従業員を守る方法を解説!

ストレス社会といわれる今の時代。誰しもが一度は、心身ともに何かしらのトラブルやストレスを抱えたことがあるのではないでしょうか。そのひとつにも数えられる「学習性無力感」という言葉を耳にしたことがありますか?

 

学習性無力感とは、ひどいストレスにさらされ続けた結果、自分自身を「無力だ」と感じてしまう状態のこと。そして、従業員が無力感に陥ってしまうことで業務効率が落ち、企業にとって悪影響を及ぼしてしまう可能性も秘めています。この記事では、学習性無力感が引き起こりやすい職場やそれによりもたらされる影響、克服するポイント、陥ってしまった従業員との付き合い方などについて解説しています。学習性無力感から大切な従業員を守り、強い組織をつくっていきましょう。

 

CHECK!

採用でお困りではないですか?

 

無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、求人情報 on Facebook 、Googleしごと検索などの求人サービスにも自動で掲載されます各社の掲載条件を満たした場合

 

engage(エンゲージ)の導入社数は、35万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。(無料)

 

学習性無力感とは?

学習性無力感とは、1967年にアメリカの心理学者である、マーチン・セグマリンとマイヤーたちが、提唱した心理学倫理の概念です。通常、人間は避けることのできないストレス状態におかれると、そこから何とか抜け出そうと努力しようとするもの。しかし、いくら努力しても回避することができない状況が続けばどうでしょうか。努力しても無駄だと理解し、「何をしても意味がない」「自分は無力なんだ」と学習してしまった結果、自分から行動したり努力したりしなくなってしまいます。

 

この状態が、学習性無力感とされています。陥りやすいタイプや環境などもありますが、勉強や仕事、人間関係などで長期間にわたるストレスを受けたことが引き金になる場合が多くあります。学習性無力感は決して他人事ではなく、誰にでも起こりうることを理解しておきましょう。

学習性無力感が起こりやすい職場とは?

学習性無力感に陥りやすいタイプとして、完璧主義者や自己肯定感が低い方、睡眠不足などの不規則な生活リズムなどが挙げられます。持ち合わせている性格や日頃の生活習慣も要因として考えられますが、働いている職場が原因で学習性無力感に陥ってしまうことも充分に考えられます。

 

そこで、どんな職場が学習性無力感を引き起こしやすいのかを具体的に紹介していきます。自分の会社や組織に当てはまる部分がないか、確認してみてください。もし思い当たる節があるのであれば、早期に改善することをおすすめします。

意見を受け入れない否定的な職場

たとえば、新商品を売るためにイベントをしてみたいという従業員やチームがあったと仮定します。新しいチャレンジであるという理由で「前例がないから却下する」「成功する保証はあるのか」と提案を否定。これが何度も繰り返されることで、従業員たちのモチベーションは大幅にダウンしていきます。「提案してもどうせ無駄だ」「こちらの意見を聞いてくれない」と、諦めてしまうのです。

 

また、厳しい上下関係のある職場では、自由に意見を述べることすらできないケースも。新しく入社したばかりの新人がちょっと提案しようものなら、「生意気なやつだ」と言われ、目をつけられてしまう場合もあります。このように、新しいことを認めない、排他主義な環境である職場には注意が必要です。

成功体験のチャンスがない職場

成功体験というのは、人間的に成長するためにも、無気力感を引き起こさないためにも重要。子供のころに成功したことをほめられ、自信につながった経験がある人は多いのではないでしょうか。社会人も同様で、モチベーションをキープしたり気持ちに余裕を持ったりするためにも成功体験は必要であるといえます。

 

しかし、がんばりを認めてもらえず達成感や充実感を味わうことができない。挙句の果てに、失敗したことばかりを責められてしまうような職場であれば、「やる気を出しても無駄」と感じてしまいます。最終的には、「自分は会社に必要とされていない」「いてもいなくても何も変わらない」と自分自身の存在価値を失ってしまい、無力感に苛まれてしまうのです。小さな成功体験により、従業員の可能性はいくらでも伸びていきます。それを組織としても理解し、積極的に成功体験のチャンスを与えるようにしましょう。

ハラスメントが横行している職場

よく社会問題にも挙げられているモラルハラスメントやパワーハラスメントなども、学習性無力感を引き起こす原因のひとつです。たとえば、「こんな簡単なこともわからないのか」「もっとまともな仕事をしろ」など言葉の暴力を毎日のようにかけられていると、いつか精神的な限界が訪れます。そのうち、「自分はだめな人間だ」と、自分自身を否定することにつながってしまいます。

 

企業にはハラスメント防止措置が義務付けられていますが、上層部がハラスメントの実態を把握できていない場合が多くあります。特に直属の上司やチームの先輩などからのモラハラ・パワハラは抵抗しにくく、さらには相談する相手を見つけることも困難で、助けを求めにくいのが現状です。結果、「自分に落ち度があるからだ」と思い込んでしまい、無気力状態になってしまうのです。

学習性無力感による職場への影響

学習性無力感による職場への影響

もしも、自分の会社の従業員が学習性無力感に陥ってしまった場合、職場にはどのような影響があるのでしょうか。予測できる影響について説明していきます。

学習性無力感は周囲にも伝染する

学習性無力感の最も危惧するべき影響は、周囲にも伝染するという点です。ポジティブな人と行動しているといつの間にか前向きになれるように、ネガティブな言動にも左右されやすいのが人間です。つまり、学習性無力感に陥った従業員からの影響で、一緒に働くチームや同僚も無力感を感じるようになってしまう可能性が高いのです。

 

たとえば、先輩社員が「うちの会社はがんばっても評価してもらえないよ」と、新入社員に愚痴をこぼしてしまったとします。これでは、この新入社員が向上心を持ち、主体的に業務に臨むことは考えられにくいはず。「この会社はがんばっても無駄なんだ」という考えが、部下をマネジメントする立場の管理職などに蔓延していると一大事。部下やチーム全体に伝染してしまい、無気力な従業員がどんどん増えていく事態になってしまいます。

活発な意見交換が行なわれなくなる

学習性無力感に陥ってしまうと、「自分が何を言っても変わらない」というマイナスな考えに支配されてしまいます。そのため、意見やアイデアなどを発信しようとしなくなるのです。社内で自分の意見を口にする人が少なくなるということは、組織内におけるコミュニケーション量が少なくなるということ。新しいアイデアが生まれたり、協力しながら業務に取り組んだりするチャンスがどんどん失われていきます。

主体的な行動を妨げる

学習性無力感に陥ると、頭の中に植え付けられてしまった「何をしても失敗する」「自分には無理だ」という思い込みに捉われてしまい、自分から何かにチャレンジしたり困難に立ち向かったりという行動を起こせなくなってしまうのです。はじめは意欲的だった従業員も最終的には、周囲の指示がないと動けない指示待ち人間へと変わってしまいます。このような状況に陥ると周囲がサポートしなければならず、チーム・組織全体の生産性も悪化していきます。

従業員の休職・離職が増える

学習性無力感は、長期的なストレスや不快感にさらされることで引き起こされます。そして、学習性無力感がさらに悪化すると、ストレスが原因で体調不良になってしまうことも。その結果、休職や退職などを余儀なくされる場合もあり、企業にとってもせっかくの人材を失ってしまうという結果になりかねません。

 学習性無力感を克服し、活躍してもらうためのポイント

学習性無力感がもたらす組織への影響をご理解いただけたでしょうか。では、学習性無力感を克服してもう一度従業員に活躍してもらうために、企業としてどのような取り組みができるのか。いくつかのポイントを解説していきます。

小さな目標達成による成功体験を積ませる

「何をしても失敗する」という無力感に陥っている時こそ、成功体験を積ませることが大事。まずは小さなことからスタートし、達成できる目標を設定することがポイントです。本人は失敗を怖がって、挑戦することを嫌がるかもしれませんが、周囲が優しく背中を押すサポートをしましょう。「自分にもできることがあるんだ」と認識させることで自信を持てるようになり、業務への意欲が湧いてくるはずです。

en-gage.net

ポジティブなコミュニケーションを意識する

実際、仕事の中には成績や業績などに大きく関わらないことも多くあります。ここで大切なのは、目立たない仕事で努力した姿勢や過程を評価し、がんばりを認めてあげること。ポジティブなコミュニケーションは従業員の承認欲求を満たすことにつながるため、無力感に苛まれることも少なくなっていくでしょう。

 

たとえば、「いつも書類をキレイに整理してくれてありがとう」「元気よくあいさつしてくれるから嬉しい」など、一見当たり前のことだけれどがんばっていることを見つけ、口に出して褒めてみましょう。従業員自身が「小さなこともしっかり見てくれているんだ」と思い、自己肯定感を高められるはずです。特に、上司という存在から認めてもらうのは効果的。上司が部下の言動を肯定的に捉えることで、部下は「もっと認められるためにがんばろう」と意欲を刺激され、強い信頼関係を築くことができるのです。

常に完璧ではなく少しの適当も覚えてもらう

完璧主義者は学習性無力感に陥りやすいタイプに当てはまると前述しましたが、「完璧でなくてはならない」という思い込みを変えてあげることも克服につながるポイントです。完璧主義の人は自分に設定する目標が高いため、それを達成できないことで自分は無力だと感じるケースがあります。「100%じゃなくても70%ができていれば大丈夫」という発想を持つことができれば、無力感を感じる機会も減っていくでしょう。

 

「パーフェクトじゃなくて、少しくらい適当でもいいよ」と、完璧ではない姿を認めてあげることで、ちょうどよい力の抜き方を学ぶことができるはずです。完璧にできなかったことを否定する組織ではなく、できたことを認めて褒める組織になることで、無力感を感じることのない居心地の良い環境をつくり上げることができるでしょう。

失敗時との環境・目的の違いを認識させる

学習性無力感に苦しんでいる人の中には、以前失敗したことを批判されたなど、過去のトラウマを抱えている人も多くいます。そのため、失敗した状況と今の状況とは異なっていることを認識させることも克服のポイントです。

 

たとえば、以前にプレゼンが失敗したことをきっかけに、無力感を感じている従業員がいたとします。前回は「プレゼンを成功させる」ことが目的でしたが、今回は「プレゼンを行なう」ことが目的というように、結果にこだわる必要のない環境をまずはつくるのです。そして実際にプレゼンを任せて、終了したら結果に関係なくグループ全体で褒めて、がんばったことを認めてみましょう。結果に関係なくがんばりを認める体制を整えておくことが、学習性無力感に陥ってしまう従業員を生み出さないことにつながっていくはずです。

学習性無力感を生まないカルチャーを作ることが大事

強いストレスによって学習性無力感は引き起こされますが、「うちの会社は大丈夫」という思い込みが一番危険です。企業・組織のカルチャーは、人材の活躍やパフォーマンスの発揮に影響を与えるということを念頭に置き、理不尽な状況に置かれている従業員がいないかを一度調査してみてはいかがでしょうか。

 

では、従業員が最高のパフォーマンスを発揮できる強い組織になるためには、どんな要素が必要なのでしょうか。その一つに、賞賛の文化が挙げられるでしょう。日常の業務での助け合いはもちろんのこと、大小問わないチャレンジへの賞賛などを通じて従業員同士が承認し合うことは、組織の結束力を高めることにつながるはずです。また、裁量権を与えることも重要。いつまでも変わらない、与えられた仕事ばかりでは、達成感や成功体験を得られることができず、自分の価値を見失ってしまうでしょう。裁量権を与えて挑戦の機会を増やし、成功体験を積めるような環境をつくることも重要です。

en-gage.net

まとめ

学習性無力感についてご紹介しましたが、ご理解いただけたでしょうか。注意点として最後に伝えておきたいのは、学習性無力感を甘く見ないこと。「やる気がなくなるだけ」と軽く考えているうちに、組織全体に蔓延しているということもあり得ます。最近様子がおかしいなと思う従業員がいれば、早急に話を聞いて原因を解明すること。そして、従業員が克服するために企業としてサポートできることを実践してください。もちろん、無力感を生み出さない組織づくりを行なうことがベスト。この記事の内容が、強い組織づくりの参考になれば幸いです。

 

CHECK!

採用でお困りではないですか?

 

無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、求人情報 on Facebook 、Googleしごと検索などの求人サービスにも自動で掲載されます各社の掲載条件を満たした場合

 

engage(エンゲージ)の導入社数は、35万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。(無料)