求人検索エンジンって何?まだ間に合う!最近の採用手法を完全理解!

・求人検索エンジンってなに?
・他となにがどうちがうのかわからない

 

こういったことを知りたい方におススメの記事です。最近「求人検索エンジン」という言葉を聞くようになったけど、それが何なのか、どういう仕組みなのかよく分からない。Indeedもどういうものなのかよく分からず、最近の採用手法に少し乗り遅れてしまっている。

 

こんなことを感じている採用担当者の方も少なくないのでは?この記事では、求人検索エンジンが何なのか、これまでの採用手法とどう違うのかについて、徹底解説しています。今注目されている採用手法をチェックして、自社の採用活動にお役立てください!

 

記事を読まずにすぐに求人検索エンジンに求人を掲載したい方は下記から登録を!Indeedをはじめ、Google しごと検索、Yahoo!しごと検索、LINEキャリアなどに無料で求人を掲載できます。 

 

 

 

 

求人検索エンジンについて

 

ここからは、求人検索エンジンについてまったく知らない方でも、すぐに知識を習得できるように解説します。求人検索エンジンについての、最新サービスを紹介している記事は多いのですが、そもそも「求人検索エンジンとは?」について、くわしく触れているものは意外と少ない。

 

そのため、「どういう仕組みなのか分からない」「何ができるのかわからない」という方もいると思います。でも、ご安心ください。どなたでもわかるように、しっかりと解説していきますね。

 

求人検索エンジンとは?

求人検索エンジンとは、インターネット上にある求人情報をクローリングして、1つのサイトでまとめて見ることができるシステムのことをいいます。

 

・・・??なんのことだかわからない!と、思われた方。ご安心ください。大抵の場合、この程度しか触れられないことが多いのです。これだけじゃ、なんのことだか理解できないですよね。もう少しくわしく説明していきます。まず、聞き慣れないカタカナ用語からお伝えします。

 

■クローリング
下記の図をご覧ください。例えば、求人検索エンジンで代表的なサイト「Indeed」を例にお話しします。Indeedは、ネット上に存在する求人情報を自動で読み込み、Indeed内に露出をします。このことを、「クローリングする」といいます。

 

クローリングの仕組み



つまり、クローリングというのは、求人検索エンジンのシステムが、自動で行うページの読み込み処理のことをいいます。「クローラー」というロボットが、ネット上の情報を巡回して、収集を集めてくれるのです。

 

 

■検索エンジン
検索エンジンとは、GoogleやYahoo!に代表されるような、ネット上のあらゆるWebページや画像ファイルなどを探すためのサービスの総称です。例えば、調べ物をするときに、手元のスマホやPCを使ってとりあえず検索してみる、といった方が多いのではないでしょうか。

 

そんな時に、GoogleやYahoo!をつかって「旅行 おススメ」「○○駅 ランチ」など、何かしらキーワードを入力して検索しますよね。GoogleやYahoo!は、入力したキーワードに合う情報を、瞬時にクローリングして、わたしたちに表示してくれるのです。こうした検索するためのサービスを「検索エンジン」といいます。

 

Google検索エンジン

 

では、「求人検索エンジン」とは一体何なのでしょうか?もうお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、ご説明させていただきます。前述した通り、検索エンジンは調べたいことにたいして、幅広くキーワード検索をするのに対し、求人検索エンジンは、「職種」と「勤務地」を入力して、求人を探すものが多いです。例えば、「営業 残業少なめ 東京」と調べると、入力したキーワードに近い求人が表示されます。つまり、求人検索エンジンは、検索エンジンの求人版ということができます。

 

聞き慣れない言葉が多くて理解が難しく感じる方も多いのではないでしょうか。一つひとつ言葉を分解していくと、イメージしやすくなります。

 

求人検索エンジンは採用担当者にとって何がいいの?

求職者にとってのメリットはわかったけど、採用担当者にとって何がいいのか気になりますよね。いい点は、大きく2つあります。

 

■求職者に求人情報を見つけてもらいやすい
たとえば、A社、B社、C社の求人サイトに求人掲載していた場合、求人検索エンジンには3社分の求人がまとめて掲載されます。そのため、求職者への露出度があがり、見つけてもらいやすくなります。1つのサイトに載せるよりも、露出が多くなるのは当然ですよね。

 



■採用コストを抑えられる
求人サイトは掲載するのに何十万円もかかりますが、求人検索エンジンは掲載料金が無料。ネット上にある求人情報を自動でクローリングしてくる仕組みなので、掲載料金などはかからないのです。何もしなくても、自動的に求人の露出度があがります。

 

またクローリングとは別に求人投稿もできます。求人検索エンジン各社は、求人掲載数が豊富であれば、より一層利用者が増えると考えているため、無料で求人を掲載できる仕組みになっています。事実、最近は求人検索エンジンを利用する求職者の数が著しく増加しています。

 

登録不要で使えるため、求職者にとってもメリットが大きく、今後もさらに増え続ける見込み。デメリットはないので活用しない手はありませんね。

 

主要な求人検索エンジンの比較

 

求人検索エンジンの魅力についてご理解いただけたかと思います。ここからは、求人検索エンジンとして、日本でサービス提供している代表的な5大サービスをご紹介します。

Indeed

日本最大級の求人検索エンジン。CMでも見かけることが多く知名度はNo.1。求人数、利用者数ともに圧倒的に多い。

・強み:求職者への認知度が高い。無料掲載できる。効果UPの有料プランがある。管理画面がある。
・弱み:求人掲載数が多いため無料プランだと他の案件に埋もれてしまう可能性がある。
・求人掲載数:90万件以上(2019年11月時点)
・ユーザー数:月間ユーザー数2,630万人(2019年8月時点)

 

Indeed

 

Google しごと検索

Googleの求人サービス。Googleが提供するサービスのため、Yahoo!や他の検索サービスで調べた場合は、利用することができません。たとえば、画像のようにGoogleで「営業 渋谷 正社員」と調べた場合、検索上位に 営業渋谷正社員に近い求人が表示され、そこから求人を選べる仕組みです。サービスの特徴としては、他の求人サービスよりも上位表示されやすく、多くの人に見てもらえる可能性が高いこと。

・強み:SEOが強くGoogle検索で上位表示されやすいため、発見性が高い。無料掲載できる。
・弱み:有料プランがないので、効果UPの特別な施策はない。管理画面はなし。
・求人掲載数:ー
・ユーザー数:Googleの月間ユーザー数6,732万人(2018年10月)

Googleおしごと検索

 

Yahoo!しごと検索

Yahoo!の求人サービス。国内トップクラスの求人掲載数と、国内トップのユーザー数。

・強み:Yahoo!の利用ユーザーが多く、発見性が高い。無料掲載できる。効果UPの有料プランがある。
・弱み:掲載数が多いため、無料プランだと埋もれる可能性がある。管理画面がない。
・求人掲載数:1,000万件以上(2019年11月)
・ユーザー数:Googleの月間ユーザー数6,743万人(2018年10月)

<imgsrc="https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/e/enjapan_engage/20191008/20191008140456.png" alt="Yahoo!しごと検索" />

 

求人ボックス

求人ボックスは、食べログで有名なカカクコムが運営する求人サービス。順調にユーザー数を伸ばしており、新着求人数は日本一。

・強み:ユーザー数が急増。効果UPの有料プランがある。求人検索機能が豊富。管理画面がある。
・弱み:知名度が他とくらべてまだ低い。クリック課金制で、1クリック30円より安くできない。
・求人掲載数:24時間以内の新着求人12万件以上
・ユーザー数:300万人(2019年3月)

求人ボックス

スタンバイ

スタンバイは、株式会社ビズリーチが運営している求人検索エンジン。常時900万件を超える求人掲載数は、国内最大級。

・強み:管理画面がある。求職者からの発見性が高い。効果UPの有料プランがある。

・弱み:知名度がまだ低く、先行サービスと比べて利用者数が少ない。

・求人掲載数:900万件以上(2018年9月)

・ユーザー数:―

スタンバイ

 

 

最初に使うべき求人検索エンジンはIndeed

 

ここまで代表的な求人検索エンジンの5大サービスをご紹介してきました。結局何から始めればいいのか?と思われた方もいるかと思います。そんな時は、まず最初はIndeedから使い始めてみましょう。前述したとおり、Indeedが現段階で求職者からの知名度が最も高く、多くの人に求人を見てもらえる可能性が高いためです。Indeedのくわしい掲載方法は、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

 

 求人検索エンジンの比較表

上記の求人検索エンジンを比較してみましょう。どれを使うのがいいでしょうか。コスト、知名度、効果改善、発見性、求人掲載数で比較してみました。これを見ると◎1、○3、△1の、IndeedとYahoo!しごと検索が抜きん出ていることが分かります。

 

求人検索エンジンの5大サービス比較表


 

効果を求めるならengageがおすすめです

 

じつは求人検索エンジンをただ使うよりも、もっと効果的な採用手法があります。それは、「engage(エンゲージ)」を使うことです。なぜなら、engageで求人を出せば、IndeedやYahoo!しごと検索にも掲載されるからです。それだけではなく、Google しごと検索、求人ボックス、LINEキャリアなどにも掲載されます。一体どういうことでしょうか?くわしく説明します。

 

engageって何?

engageは、大手企業をはじめ、24万社以上が利用をしている、国内NO.1の採用支援ツールです。会員数700万人以上を抱える『エン転職』などを展開する、エン・ジャパン株式会社が運営しているので、安心してください。

 

engageってなにができるの?

engageにできることは、求人の募集から、採用前の人材の見極め、採用した後の定着まで。幅広く採用を支援できる便利なツールです。しかも、無料で利用できる。だから多くの企業に支持されているのです。具体的にどのようなことができるのか、詳しく説明していきます。

 

無料で掲載できる

engageなら、無料で求人掲載ができます。求人の入力フォーマットに必要事項を入力するだけなので、書き方に困ることもなくカンタンに求人を作成。掲載期限は無制限なので、掲載後は好きなタイミングで掲載を終了したり、再開したりすることができます。

 

 

その他の求人検索エンジンにも自動で求人が掲載される

無料で求人掲載ができるだけではありません。engageは、求人検索エンジンに掲載される仕組みが整っています。前述したような『Indeed』や『Google しごと検索』、LINEが始めた転職情報サービス『LINEキャリア』などのサービスに自動で求人が掲載されるのです。こうして求人の露出度を大幅にアップさせることで、求職者からの応募を見込むことができるのです。大事なのは、求職者に発信した求人情報を、しっかりと見てもらうことですよね。

 

他の機能も充実

engageは、掲載だけではありません。無料で採用サイトを作成できたり、他にも採用活動に不可欠な面接、テスト、定着までをカバーする機能をもっています。採用活動を1つにまとめられるから、業務効率もUP。engageとは?についてくわしく書かれている記事があるので、気になる方はこちらをチェックしてみてください!

 

 

まとめ

・求人検索エンジンは、ネット上の求人情報を集めて検索結果に表示する仕組み
・求人検索エンジンは、求職者の利用者数が著しく増えている注目のサービス
・まず始めてみるなら、知名度が最も高いIndeedがおすすめ


いかがでしたでしょうか。「求人検索エンジンを活用したい」「効果的にあらゆるツールを使ってみたい」と考えている人は一度engageで求人を掲載してみるのがいいかもしれません。無料で利用できますし、すぐに退会もできる。きっと採用活動に役に立つと思います。まずは無料で求人掲載をして、募集を始めてみてください!