はじめての面接官マニュアル|これさえ読めばOK【質問集つき】

いきなりですが、面接は得意でしょうか?しっかり活躍人材を見極められるような質問はできていますか?

 

「もちろん!」と自信をもって答えられる人は、この記事を読む必要はありません。しかし「ちょっと自信がないかも…」「自分の面接が良いかどうかわからない」と考えている方は、ぜひこの記事を読んで面接のやり方を学んでみてください。

 

この記事では、面接のゴールや面接の流れ、NGな質問や態度、見極めたい内容別の質問などを紹介。これまで800社以上の採用を支援してきた担当者が、面接に必要なすべてを伝授します。

 

「面接官に指名されたけど、何を聞いたら良いの?」「新しく採用担当者になったばかりで、何を聞けばよいのか分からない…」という方も、この記事を読めば、面接の基本が分かり、活躍人材をしっかり見極められるようになるでしょう。

 

CHECK!

採用でお困りではないですか?

 

無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、Facebook on 求人情報、Googleしごと検索、Yahoo!しごと検索の求人サービスにも自動で掲載されます各社の掲載条件を満たした場合

 

engage(エンゲージ)の導入社数は、30万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。(無料)

 

 

 

面接官とは?その役割は?

面接官は、書類選考などを通過した応募者と会い、面接を行なう人です。採用担当者や経営者が面接を担うのが一般的ですが、企業によっては募集先の部門の社員な度が担うこともあります。

 

面接官が担う役割は、大きく分けて2つあります。それは、「求職者の見極め」と「会社の魅力付け」です。1つずつ説明していきます。

応募者の「見極め」をすること

面接官の役割の1つは「求職者の見極め」です。募集した先の部門が求めているスキルを有しているか、また社風と相性が良いか、定着して活躍してくれる人材かどうかを見極める役割があります。そのため、様々な角度から求職者に質問をして、適切な判断をするための情報を引き出します。

 

仕事やポジションへの適性は、前職での成果や経験などから把握できます。これらは履歴書や職務経歴書などから分かるため、比較的把握しやすいでしょう。ただ面接ではこれ以外の部分の把握が欠かせません。なぜならスキルはあっても会社との相性や価値観がズレていれば、すぐに辞めてしまったり、活躍してもらえなくなる可能性があるからです。

 

しかし、志向性や相手の価値観は見えにくいもの。だからこそ、こういった部分まで面接で見極められるかどうかが面接官の腕のみせどころになるのです(詳しい質問の例は、記事の後半でご紹介します)。

会社の「魅力づけ」をすること

もう1つの大切な仕事が「求職者への魅力づけ」です。会社側が求職者を見極めていると思われている部分がありますが、じつは応募者側も就職して大丈夫な会社かどうかを見極めているのです。

 

そもそも応募者が受けている会社は1つではありません。複数の会社を受けているはず。ですから、魅力をしっかり伝えなければ、他の会社に入社してしまうかもしれないのです。

 

だから志望度を上げてもらうために、「魅力づけ」が必要になってくるのです。ポイントは、応募者1人ひとりの興味・関心にあわせて、伝える自社の魅力を変えること。見極めのために収集した応募者の特徴や転職理由などにあわせて、伝えるポイントを変えてみましょう。

 

「ここに入れば、目標が達成できそう」「自分の希望が叶いそう」と思ってもらえることで入社の意欲も上がります。また、面接を通して応募者が気づいていなかった自身の魅力を言葉にして伝えてあげることも、魅力づけにつながります。

面接のゴールとは?

面接のゴールとは何だと思いますか?会社が求めている人材を、適切に見極めることですね。

 

そのためには、できるだけ応募者の考えていることを引き出していかなければなりません。面接官も応募者も、お互いベストな状態で面接を行なってはじめて、求職者のことが理解でき、適切な判断ができるようになるのです。

 

面接官にとっては「判断できる情報をしっかり聞くことができた」状態。応募者にとっては「入社・辞退の検討ができる良い情報が聞くことができた」または「自分伝えたいことが伝えられた」状態を指します。

 

そのためにも、お互いが気持ちよくコミュニケーションできる状態を築きましょう。これができるかどうかで、応募者の考えていることがしっかりわかり、見極めの質も高くなってきます。圧迫面接や一方的なコミュニケーションは避けましょう。

面接の基本的な流れ

面接は平均して約1時間ほど行なわれます。時間配分は下記のようなイメージ。

 

まずは緊張をほぐすアイスブレイク(5分)

天気や、面接会場までどのように来たかなど、相手が考えずに答えられる質問をして緊張をほぐしていきましょう。ここでコミュニケーションができれば、そのあとの会話も自然になっていきます。いきなり本題に入るのは避けましょう。

 

会社説明(10分~15分)

事前に求人票や企業HPを見ていたとしても、会社のことを正しく理解している方は少ないもの。どんな会社なのか、募集する業務はどんな内容なのか。まずは会社について説明をしましょう。丁寧に説明を行なうことで、応募者からの好感度も高まります。

 

企業から応募者への質問(20分)

質問で大切なのは「会話」をすること。一方的に質問するのではなく、キャッチボールを意識すると、応募者も質問に応えやすくなります。質問の際は履歴書・職務経歴書を見ながら、その内容をより深めるイメージで行なうと良いでしょう。

 

応募者からの質問(10分~15分)

質問をしながら、合否を見極められるだけの情報収集ができたら、応募者から質問はないか聞いてみましょう。質問の内容には、何を大切にしているのか、価値観が表れやすいです。注意して聞いてみましょう。

 

また不安や疑問を解決することで、応募者への魅力付けにもなります。さらに応募者が次の選考・入社へも安心して進みやすくなるので、できるだけ質問をもらいやすいように案内していきましょう。

 

事務的な連絡事項など

合否の連絡予定日や連絡方法など、事務的な連絡事項を共有します。こうした部分も丁寧に案内できると会社の印象は良くなるもの。最後まで応募者には丁寧に接していきましょう。

面接官が意識しないといけないこと

基本的なことになりますが、面接官としておさえておかなければならないポイントを3つ紹介します。

清潔感のある服装・身だしなみ

まずは服装・身だしなみです。面接官は会社の顔です。応募者は面接官と接することで、会社の社風や雰囲気を判断しています。当然、だらしない恰好や清潔感のない服装では、会社全体がだらしないイメージを持つでしょう。逆に好印象であれば、そのまま会社のイメージも良くなるもの。

 

髪をボサボサとさせない、シワのない服を選ぶなど、最低限の清潔感は意識しましょう。また過度な装飾は男女共に控えるべきです。服装などによって、応募者に圧迫感を与えてしまうこともあります。

話しやすい雰囲気づくり

緊張した状態ではその人らしさを引き出すことは難しいものです。だから、応募者が話しやすい雰囲気をつくるのは面接官の大事な仕事の1つ。

 

まずは明るく、にこやかな表情を意識しましょう。まずは面接の最初に答えやすい質問を行うなど、話やすい雰囲気づくりを行ないましょう。たとえば「今日はどうやってここまで来たのですか?」「混んでなかったですか?」など、カンタンな質問から会話を始めるのがおススメです。

 

こうしてリラックスした空気がつくれると、お互いに話したいことが話せ、聞きたいことも聞けるようになり、双方にとってベストな面接が行なえるようになります。面接官がやわらかい雰囲気だと、応募者も聞聞きたいことが聞けるので、満足度も高くなります。

難しい言葉を使わず、わかりやすく話す

応募者の立場にたった面接ができているかは、とても大事なことです。相手が理解できないような言葉は使わず、相手が分かる言葉を使うことが基本。たとえば、「アサイン」「ペンディング」などの横文字のビジネス用語を連発するのは、会話がうまくいかなくなったり、難しい印象を与え、応募者がうまく面接をできなくなってしまう可能性も。できるだけ避けたほうが良いでしょう。

 

そもそもビジネス用語は業界や、業種によって意味が異なる場合もあるため、コミュニケーションに齟齬がうまれてしまう可能性があるのです。

 

面接の質問は、分かりやすくハッキリ行うことを心がけてください。難しい言い回しや遠回しの質問では、応募者の回答もズレてしまう可能性があります。正しくコミュニケーションがとれなければ、良い面接はできません。

面接では、こんな点に注目!見極めのポイント

質問への回答だけでなく、応募者の表情や態度、声のトーンにも人となりを見極めるポイントがあります。面接の際は視野を広くとりながら、観察も行なっていきましょう。

 

スグに使える面接質問集

はじめての面接でもスグに使える、見極めたいポイント別の質問集を用意しました。ぜひ面接の際に使ってみてください。

リラックスした雰囲気作りができる質問

ポイントは、イエス・ノーで回答できるような、簡単な質問にすること。何回かやり取りして、リラックスした雰囲気づくりをしましょう。

・今日はどうやってきましたか?
・当社までは遠かったですか?
・昨夜はよく眠れましたか?
・今日はお仕事帰りですか?
・前の面接はいかがでしたか?
・お待たせしてしまい、大変失礼いたしました。かなり待ちましたか?

面接をスタートする際には、面接に来てくれた感謝と自己紹介。この面接のゴールなどを共有すると良いでしょう。

仕事の適性をみる質問

まずは応募者の方に自己紹介をしてもらいましょう。過去の実績やエピソードなど、詳細な情報を引き出していきます。

・(履歴書を確認し)経歴の中でも、×××以降から自己紹介をしていただけますか?
・○○が好きなんですね。私もハマっていました。

・今の会社ではどのような業務を担当していましたか?

・工夫したのは、どんな点でしょうか?
・○○についての知識はもっていますか?
・○○の経験については、何年ほどお持ちですか?
・仕事の中で最も努力したのは何ですか?ぜひエピソードも教えてください

 1つひとつの回答の理由・背景を聞き、質問を深く聞いていくことで、見えない事実や魅力を知ることができます。また質問は意図をもつことが大事。というのも面接では回答に筋道がたっているか、意図を正確に把握しているのかといったコミュニケーション力も見ることが必要だからです。

退職理由のホンネを聞く質問

せっかく入社してもらったのに同じ理由で退職となってしまうのは、防ぎたいところ。ホンネが出にくい部分なので、会話を通して深く聞いていきましょう。注意すべきは、退職理由を会社や他人のせいにしている場合。またやりたい仕事がコロコロ変わっている場合も注意が必要です。

・退職を考えたきっかけは何ですか?
・何が決め手となったのでしょうか?
・なぜ今、転職を?
・この条件があったら、現職に残っても良いなと思うものを教えて頂けますか?
・応募いただいた仕事とこれまでの仕事の違いはどのような点にあると思いますか?

志望動機や仕事へのスタンスを聞く質問

応募者の仕事観を知るためも、志望動機の確認は欠かせません。

・当社を志望した理由を教えてください
・会社選びで何を重視しますか?
・転職を通じて、当社にどんなことを期待しますか?
・何を判断基準に応募企業を選択しましたか?
・他にどんな企業へ応募していますか?その企業と当社の違いはどんなところにありますか?
・どのような点に魅力を感じましたか?

ほかにも「当社で働く人にどんなイメージをもっていますか?」「〇〇さんが大切にしている考え方は、誰からの影響が強いですか」などの質問も、人となりや価値観の把握につながります。

人柄を見分けるための質問

人間性や性格を把握するのは、入社後に活躍してもらうためにも大切です。経歴書ではみえない部分を見極められる質問です。ぜひ参考にしてください。

・あなたの強みは何ですか?当社の仕事のどういったところに活かせると思いますか?
・友人は、あなたのことを、どんな性格だと思っていますか?
・これまでの人生で挫折したことは?どう対処しましたか?
・どのようなマネジメント方法が、合っていますか?
・職場で、ストレスに感じていたことは何でしたか?
・これまで人間関係で困った事は何ですか?どう解決しましたか?
・仕事でストレスを感じたとき、どう発散していますか?
・仕事で失敗をしたときに、どうやって気持ちを持ち直しますか?
・これまでに努力したことは何ですか?具体的に何をしましたか?
・3年後・5年後、どのようなキャリアを描いてますか?
・仕事に限らず、常に勉強していることはありますか?
・何があなたのモチベーションを高めますか?

資質や性格、価値観を知る質問を通して、社風や一緒に働くメンバーに合うのか見極めていきましょう。

絶対にやってはいけない!ダメな面接官の行動は?

じつに85%の求職者が、面接を受けて「この会社には入社したくない」と思った経験があると言います。その原因は、面接官の態度や言動、身なりやマナーの悪さなどにありました。そこで、ここでは絶対にやってはいけない、面接官のNG行動を紹介します。

モラルに反するような言動をする

「家族や家族の年収。交際相手について聞かれた。入社してもデリカシーのない話をされるのかと不快だった」「支持している政党について聞かれた。不安な気持ちになった」など、家族構成や交際、資産や思想などに関する質問は、プライバシーの侵害にあたります。

たとえば…

【本籍地】
・あなたの本籍地はどこですか。
・お父さんやお母さんの出身地はどこですか。
・生まれてから、ずっと現住所に住んでいるのですか。

 

【家族の職業】
・お父さんはどちらの会社に勤めていますか。役職は何ですか。
・家業は何ですか。

 

【家族の収入、資産、住居状況】
・ご両親は共働きですか。
・学費は誰が出しましたか。
・家庭はどんな雰囲気ですか。
・一戸建てですか、賃貸ですか。

 

【思想・宗教、支持政党、尊敬する人物】
・信条としている言葉は何ですか。
・尊敬する人物を教えてください。
・支持している政党はありますか。
・何教を信仰していますか。
・どんな本を愛読していますか。

 

【自宅付近の略図、経路など】
・お住まいの地域は、どんな環境ですか。
・国道○○号線(○○駅)のどちら側ですか。
・近くに目印となる建物はありますか。

 

【男女雇用機会均等法に抵触する質問】
・結婚、出産したとしても働き続けますか。
・結婚の予定はありますか。

このような質問は、プライバシーの侵害にあたります。厚生労働省でも下記のようなことは就職差別につながるおそれがあると書いています。

<a.本人に責任のない事項の把握>
・本籍・出生地に関すること (注:「戸籍謄(抄)本」や本籍が記載された「住民票(写し)」を提出させることはこれに該当します)

・家族に関すること(職業、続柄、健康、病歴、地位、学歴、収入、資産など)(注:家族の仕事の有無・職種・勤務先などや家族構成はこれに該当します)

・住宅状況に関すること(間取り、部屋数、住宅の種類、近郊の施設など)

・生活環境・家庭環境などに関すること

<b.本来自由であるべき事項(思想信条にかかわること)の把握>
・宗教に関すること

・支持政党に関すること

・人生観、生活信条に関すること

・尊敬する人物に関すること

・思想に関すること

・労働組合に関する情報(加入状況や活動歴など)、学生運動など社会運動に関すること

・購読新聞・雑誌・愛読書などに関すること

<c.採用選考の方法>
・身元調査などの実施 (注:「現住所の略図」は生活環境などを把握したり身元調査につながる可能性があります)

・合理的・客観的に必要性が認められない採用選考時の健康診断の実施

 

引用:厚生労働省「公正な採用選考の基本」

 

 

en-gage.net

 

面接官の態度が悪い

「あからさまに聞く気のない態度をされた。良い会社でしたが、面接官の方でイメージが悪くなりました」「履歴書も職務経歴書もみず、面接も10分で終わった。非常に不快だった」というように、面接官の態度は入社意欲に大きく影響します。

 

面接が本格的にスタートする前に不採用だと感じたとしても、時間を割いて来社いただいた相手です。聞く姿勢や面接での態度など、普段以上に意識をして、不快感を与えないようにしましょう。

就職差別的な発言をする

「本籍地を聞かれた。出身地で判断しているのかと不安になった」「女の人がお茶くみや掃除をするのはどう思いますか?と聞かれ、意図も分からず不快だった」といったように、応募はの適性や能力に関係のない質問を行なうことは、就職差別になりかねません。面接ではあくまでも職務の適性をはかる質問のみ行いましょう。

 

コロナ禍で増えている、オンライン面接

新型コロナウイルスの流行から、対面での面接に加えて「オンライン面接(web面接)」や、スマホやタブレットで撮影した動画を投稿する「動画面接」を取り入れる企業も増えています。

 

オンライン面接は、Skype(スカイプ)、Google meet、zoom(ズーム)など無料で使えるツールがあるため、手軽に実施しやすいことも特徴です。対面に限らないことで、遠方や多忙な応募者とも会えるなど、可能性も広がると人気が高まっています。

 

実際にオンライン面接を実施している企業からは「スキマ時間を有効活用できる」「これまで面接に呼べなかった遠方の優秀人材に会えた」といった声も。動画選考を実施している会社では「履歴書だけでは分からない人柄が見える」「直接会う前に人物イメージをつけられた」など、導入して良かったという声も寄せられています。

 

en-gage.net

 

オンライン面接のポイントは?

オンライン面接を取り入れる上で気になるのが「見極め」。応募者の目線や身振りなど、対面で観察できるポイントがみれないのではないか?という不安もあると思います。オンライン面接で失敗しないための、ポイントを紹介します。

画面だけではなく、カメラを見る

オンライン面接では、PCやスマートフォンを利用します。たいていカメラは画面の上部についています。画面だけではなく、時々カメラを見ることで、応募者も話しやすくなるでしょう。カメラの位置を変えられる場合は、目線と同じ高さにカメラがくるように事前に位置を調整すると良いです。

緊張をほぐすための場づくりを丁寧に

オンライン面接では、インターネットに繋がるとすぐにスタートします。いきなりパッと出てくるため、普段以上に緊張する方もいるはず。緊張をほぐすアイスブレイクの時間を長めにとることで、場づくりを行ないましょう。先程紹介した「リラックスした雰囲気づくりができる質問」を試してみてください。

いつもより大きいリアクションを心がける

面接官と応募者が1つの画面にうつるため、2分割・3分割された映像となってしまいます。そのため対面と同じリアクションでは、小さすぎて見えにくくなってしまう可能性も。興味や関心があることを伝えるためにも。リアクションは普段より大きくとることを意識してみてくだい。

事実で判断をする

合否を決める上で、応募者の印象は大切です。ただオンラインでは、カメラの位置や部屋の明るさで、応募者の方の印象も普段と異なる可能性があります。イメージで判断するのをふせぐためにも、オンラインでは普段以上に質問の回答から得られる事実から判断を行なうようにしましょう。

応募者見極めツールを無料で試しませんか?

面接の短い時間で応募者のすべてを判断するのは、どんなに面接官の歴が長い人でも難しいもの。客観的な事実によって、応募者の見極めのサポートを行なうのが、性格適性テスト。

 

この適性テストを無料で試すことができるのが、東証一部上場企業、エン・ジャパン株式会社が提供する採用支援ツール『engage(エンゲージ)』です。エンゲージで何ができるのか簡単に説明していきます。

適性テストが無料で試せる

エンゲージに無料登録すると、面接では見抜きづらい「知的能力」「性格・価値観」が発見できるオンライン適性検査「Talent analytics」を、無料で試すことができます(人数制限あり)。見極めることが難しい「思考特性・性格」をグラフと解説で可視化します。

 

「〇〇なタイプだと出ていますが、思い当たることはありますか?」とテストの結果をもとに質問を行なうことで、より人柄を深掘りすることも可能です。

ビデオ面接ツールも無料で試せる

PC・スマホから「動画」で、1次面接ができる動画面接ツール「Video Interview」も無料で試すことができます(人数制限あり)。応募者に質問したいことを5つ登録して、動画で回答して送ってもらうことができます。

 

録画した動画を送るものなので、時間の制限もありません。スマホで簡単に撮影ができるので、応募者の負担が少ない点も特徴です。履歴書や経歴書にプラスして顔・雰囲気が分かるツールがあることで、面接でも会話を行ないやすくなるはずです。

求人も無料で出せる

また、求人掲載も無料で行なえるのがエンゲージのもう1つの特徴。求人は何件でも無料で掲載でき、修正も自由です。掲載期間も無制限。管理画面からスグに掲載をすることができる点も便利です。掲載した求人は、IndeedやLINEキャリア、Facebook、Googleしごと検索といった外部サービスにも自動連携。しっかり求人の露出を高めることができます。

 

en-gage.net

 

まとめ

これまで採用の支援で様々な面接官に会う中で、多くの人が共通して言っていたのが「リラックスできる場づくりが大事」ということ。趣味の話で脱線しながら盛り上がったり、応募者の幼少期について質問してみたり。リラックスできた時にはじめて、その人の人となりも見えるとのことでした。

 

そんな空気ができると、会社の魅力が伝わりやすいのはもちろん、良い面接ができ、最終的には見極めに十分な情報が手に入り、応募者の志望度も挙げられるようになります。まずはこの記事の質問なども参考に、自分なりの面接を行なってみてください。

 

CHECK!

採用でお困りではないですか?

 

無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、Facebook on 求人情報、Googleしごと検索、Yahoo!しごと検索の求人サービスにも自動で掲載されます各社の掲載条件を満たした場合

 

engage(エンゲージ)の導入社数は、30万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。(無料)

 

 

en-gage.net