engage(エンゲージ)は、求人の掲載期間が無制限って本当?

 

engage(エンゲージ)は掲載期間が無制限?そんな噂を聞いたことがありませんか。 一般的な転職サイトでは掲載期間が1ヶ月など定められている場合がほとんど。そのため、「engage(エンゲージ)は、本当に無制限で掲載できるの?」「本当は掲載期間に上限があるのでは?」と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

この記事を読めば、engage(エンゲージ)の求人掲載期間や掲載件数などについて理解を深めることができます。新しい採用ツールを使い、貴社の採用活動に活かしてください!

 

すぐに無料で求人を掲載したい!という方は、下記からengage(エンゲージ)へ登録!IndeedやGoogleしごと検索、Yahooしごと検索にも求人が自動で掲載されます。採用後も費用がかかることはありません。0円で採用できます。

 

 

 engage(エンゲージ)とは?

f:id:enjapan_engage:20191126095810p:plain

engage(エンゲージ)は人材総合サービスを手がけるエン・ジャパン株式会社(東証一部上場)が開発した採用支援ツールです。無料で採用サイトを作ることができ、サイト内で求人を掲載(Web上に求人を公開)できます。すでに23万社以上の企業が利用しており、最近ではテレビCMなども行ない、認知度を広げているサービスです。


たとえば、下記のような採用サイトを簡単に無料で作成。求人も簡単に作成することができ、その日のうちに掲載し、求人募集を開始できます。このスピード感はこれまでの求人広告には実現できませんでした。

 

株式会社にんべん様

 

(ブルーウェーブ株式会社様)

engage(エンゲージ)の掲載期間って、どのくらいなの?

ここからはengage(エンゲージ)の求人の掲載期間について説明していきます。大手転職サイトと、engage(エンゲージ)の掲載期間について比較していきましょう。


大手転職サイトの求人広告の掲載期間は?

たとえば、これまでの転職サイトでは、人を採用したい考えた時に、大手転職サイトなどに求人広告を掲載するのが一般的でした。掲載期間は求人サイトごとに異なりますが、基本的には4週間掲載が一般的です。

 

求人広告のビジネスモデルは広告の掲載料ですので、求人の掲載期間が終われば、広告は非掲載になってしまいます。つまり、掲載している4週間の間に募集を集めなければなりません。掲載期間が終わり、もう一度求人を掲載したい場合はもう一度掲載料を支払う必要があります。


engage(エンゲージ)の掲載期間は?

一方でengage(エンゲージ)の掲載期間に制限はありません。4週間といわず、3ヶ月、半年、1年、それ以上にも掲載することができます。掲載期間が長いからといって、費用がかかることもありません。基本的に自分たちが止めない限り、求人はWeb上に掲載され続けます。つまりずっと人材募集されている状態です。

 

 

engage(エンゲージ)の求人掲載件数って、どのくらい?

続いて、どのくらいの求人数を掲載することができるのか。たとえば、営業と事務、そして経理を募集したい会社があった場合で説明していきます。


大手転職サイトは掲載1件ごとにお金がかかる

従来の転職サイトでは、1求人1職種の掲載になりますので、上記のように3つの職種で募集したい場合は、3つの求人広告を出す必要があり、3つ分の掲載料が発生していました。安くても1つ20万円ほどかかる求人広告ですから、3職種を掲載すれば、60万円ほどの掲載料になってしまいます。

engage(エンゲージ)は何件でも無料で掲載できる

一方でengage(エンゲージ)は求人の掲載件数は無制限です。大手転職サイトと同様、1つの求人に1つの職種で求人を出す必要がありますが、3求人を掲載しても、10求人を掲載しても無料。たとえ、10以上求人を掲載しても費用はかかりません。

 

大手転職サイトでは3職種を掲載するのに安くても60万円ほどするのですが、engage(エンゲージ)では0円で掲載できます。ここは大きな違いです。 

engage(エンゲージ)の効果が出やすい理由

engage(エンゲージ)は掲載期間・求人掲載数ともに無制限ですが、そもそも応募が集まらなければ意味がありませんよね。そのため、「engage(エンゲージ)は効果がでるの?」と思われている方もいらっしゃるかと思います。結論から言うと、効果が出やすいのがengage(エンゲージ)。その理由を説明していきます。


他の求人サイトに自動掲載されるから

1つ目の理由は、engage(エンゲージ)で作った求人は他の求人サイトに自動で掲載されるからです。今話題の『Indeed』『Google しごと検索』『Yahoo!しごと検索』、LINEがはじめた転職情報サービス『LINEキャリア』などに求人が自動で掲載されるので、求人の露出度が高まり、応募が見込めるのです。

 

 

 

 

 

採用サイトからも応募が見込めるから

2つ目の理由は、採用サイトがつくれるので、サイト経由からの応募も期待できるからです。今の時代、求職者は仕事探しで情報収集をする際、必ずといっていいほど採用サイトを使います。そこで採用サイトを持っていれば、そこからの応募も見込めるのです。

 

まずはengage(エンゲージ)を使ってみよう!

以上、engage(エンゲージ)の求人掲載について説明してきました。採用サイト作成や求人掲載は無料でできますので、まずはengage(エンゲージ)に登録して、使ってみることをおススメします。求人を公開すれば、様々なサイトに自動掲載されるので、まずはどのくらい効果があるのか試してみましょう。

簡単に求人掲載できる(たったの10分)

engage(エンゲージ)のはじめ方はカンタン。アカウント登録も1分ほどあれば出来ますし、採用サイトも用意されているデザインを選んだり、フォーマットに沿ってテキストを入力したりするだけで、かっこいいサイトをつくることができます。

 

求人作成も、求人作成ページがあり、予めフォーマットが用意されているので、それに沿ってテキストを入力したり、選択していけばあっという間に求人作成完了。所要時間はおよそ5分。公開ボタンを押せば、その場でWeb上に掲載され、募集が開始されます。


求人の削除も簡単にできる

「いい人が採用できたから、求人を削除したい」といった時も簡単に対応できます。管理画面上から求人の削除もボタン一つで完了。ボタンを押せば、Web上での求人が非掲載になる仕組みです。このようにカンタンに使えるので、知識や経験は一切不要です。

 

いかがですか?まずは無料で求人を掲載してみませんか。無料なのでリスクはありません。効果が出なければ、すぐに退会もできます。無料で採用できる時代。engage(エンゲージ)を使わない手はありません。