engage(エンゲージ)の登録方法は?手順を画像つきで解説!


「engage(エンゲージ)ってどうやって登録するの?」「どのように登録を進めていくのか知りたい」「簡単に登録できるの?」と考えている方はいらっしゃいませんか。

 

この記事はengage(エンゲージ)に無料でアカウント登録する方法を画像つきで解説しています。 もし登録に迷っている方がいらっしゃれば、この記事を見ながら登録してみてください。無料ですので費用はかかりませんし、退会もすぐにできるので、安心です。

  

 

 

そもそも、engage(エンゲージ)って何?

engage(エンゲージ)とは、エン・ジャパン株式会社(東証一部上場)が開発している無料で使える採用支援ツールです。求人募集から面接、オンライン適性検査、退職リスクの可視化まで支援してくれる優れもの。現在大企業をはじめ、24万社が利用しています。engage(エンゲージ)で具体的に何ができるのか1つずつ見ていきましょう。

無料で採用サイトを作れる
1つ目の特徴は、採用サイトが無料で作れることです。プログラミングの知識は不要。フォーマットが用意されているので、デザインや写真を選びながらテキストを入力していくだけで、立派な採用サイトが完成します。
 
じつは求職者の8割以上が、情報収集として採用サイトを利用しています。求人だけでは情報に限りがあるため、より詳しい情報を入手するためです。下記がengage(エンゲージ)を使って作成した採用サイトです。
 

engageで作った採用サイト例

 

無料で求人掲載できる
作った採用サイトの中で、無料で求人を掲載することができます。engage(エンゲージ)は掲載件数は無制限。複数の求人を掲載することができます。また、engage(エンゲージ)は掲載の期間も無制限。いつまでも求人を掲載することができます(もちろん好きなタイミングで非掲載にすることも可能です)
Indeed(インディード)やLINEキャリアにも掲載される

engage連携サービス

 

engage(エンゲージ)で求人を作成すれば、Indeed(インディード)にも求人が自動で掲載される仕組み。それだけではなく、Google しごと検索、Yahoo!しごと検索、LINEキャリア、求人ボックスなど、今話題の求人サービスにも求人が自動で掲載される仕組み。そのため、求人の露出があがり、応募が期待できます。

 

 

engage(エンゲージ)に、どうやって登録するの?

engage(エンゲージ)のアカウント登録方法を確認していきましょう。登録は1分でできます。しかも無料ですので、ご安心ください。

 

アカウント登録

まずはネットでengage(エンゲージ)と検索してみましょう。「engage(エンゲージ)国内NO.1の採用支援ツール|エンジャパン」と出てきたら、下図の赤枠をクリックします。

 

Google検索画面

 

下記ページに遷移します。赤枠で囲った部分がフォームになるので、法人名、部署名(任意)、ご担当者名(姓・名)メールアドレス、パスワード(半角英数6文字以上)を入力して、ピンクの無料登録ボタンをクリックします。

 

engage登録画面

 

画面が遷移し、登録が完了します。ここまでわずか1分。カンタンですね。もちろん登録にお金はかかりませんので、ご安心ください。

 

enagge登録完了画面

 

まだ仮登録の状態ですので本登録手続きを行ないましょう。「採用サイトの作成へ」のボタンを押す前に、登録アドレスの受信フォルダへ。engage(エンゲージ)から下記メールが届いていますので、メールを開封してみましょう。メールに記載されているURLを押せば本登録完了です。

 

     メール認証

 

 

採用サイトの作成

上図の「採用サイトの作成へ」というボタンを押すと、採用サイトを作成する流れになります。ここももちろん無料。知らない間に有料になってしまうようなことは絶対にありませんので、ご安心ください。

 

基本情報を入力します。

engage基本情報登録

 

 

続いて、採用サイトのTOP画像の選択です。自分で好きな画像をアップロードすることもできますし、用意された画像を選ぶこともできます。完了したら「次へ」をクリック。

 採用ページ作成1 

続いて会社のロゴの選択です。「画像をアップロード」を押すと自分のPCファイルからアップロードする画像を選択できるようになります。選んだら「次へ」を選択。この工程をスキップすることもできます。

 

engage会社ロゴ登録画面

 

続いて採用サイトのテーマカラーを選択です。下記から選ぶこともできますし、HTMLカラーコードを指定できます。

 

engageのカラー選択画面

 

最後は、URLの設定です。これもカンタンで、下図のように「おすすめ」が出てくるので、その中から選べばOKです。もちろん自分でカスタマイズすることもできます。

 

採用サイト作成2

 

これで完了です。5分もかからず採用サイトができました。もっとこだわって採用サイトを作成したい方は、下記記事をチェックの上、作成してみてください。

 

 

求人を掲載したい方は、下記をご確認ください。

 

 

 

 よくある質問

 

登録をしたら、次に何をすべき?

無料で求人を掲載するのがおススメです。求人も10分ほどで作ることができ、すぐに掲載を開始できます。複数の求人サービスに求人が自動掲載されるので、応募も見込めますよ。募集したい職種があれば、まずが気軽に求人掲載を。やり方は下記をチェック。

 

 

さらに求職者から応募が見込めるように、魅力的な採用サイトをつくってみましょう。

作り方はこちらをチェックしてください。

 

ほかの企業はどんな採用サイトを作っているの?

24万社が利用しているengage(エンゲージ)。数多くの企業が採用サイトを作っています。そこでここでは他者の採用サイトのメインパネルをご紹介。採用サイトのいわば顔となる部分をどのように作っているのかこちらから確認できます。

 

engage(エンゲージ)を退会したい

engage(エンゲージ)は登録後も退会できますので、ご安心ください。退会方法は、事務局宛に、メールか電話で、退会申請をするだけです。退会すると作った採用サイトなども削除されます。退会手続きの詳細は、こちらをご確認ください。

まとめ

engage(エンゲージ)、思っているよりも簡単に使えそうですよね。またengage(エンゲージ)って怪しい・・・と思っていた方も安心されたのではないでしょうか。東証一部上場のエン・ジャパンが手がける無料の採用支援サービスで、ぜひ採用活動を前に進めてください。24万社が効果を実感しています。