engage(エンゲージ)を使ってLINEキャリアに求人を掲載する方法

f:id:enjapan_engage:20191213201840p:plain

・engage(エンゲージ)を使ってLINEキャリアに求人掲載したい

・どういう手順で進めていくのか知りたい

・どのくらい簡単に利用できるの?

このようなことを思っている方は多いのではないでしょうか。

 

この記事では、engage(エンゲージ)を使って、LINEキャリアに求人掲載する方法を詳しく解説していきます。画像つきで説明していきますので、同じように進めていただければスムーズに求人が掲載できるので、ご安心ください。まだアカウント登録をされていない方も、どのように登録していくのか、画像つきで分かるので、簡単に始められるでしょう。

 

CHECK

記事を読まずに、すぐに無料で求人を掲載したい方は、下記からご登録を!LINEキャリアをはじめ、Indeed、Googleしごと検索、Yahoo!しごと検索、求人ボックスにも対応できます。

  

engage(エンゲージ)とは?

engage(エンゲージ)は、エン・ジャパン株式会社が運営している採用支援ツールです。750万人以上の会員数を誇る『エン転職』などをはじめ、人材総合サービスを広く手がけているエン・ジャパンのノウハウが詰まっているサービス。

 

特徴は、無料で採用サイトが作れること。一切費用がかからずに、思い通りの採用サイトをカンタンに作成できます。制作会社に依頼をすると、時間とお金がかかる上に、専門知識がないとサイトのデザイン変更が難しいですよね。engage(エンゲージ)は5分ほどで無料作成でき、プログラミングができなくても、自分でデザインを変更できる嬉しい仕様になっています。

 

二つ目の特徴は、無料で求人掲載ができること。一般的な有料の求人サイトとは違い、掲載料・成功報酬費用など、一切お金がかかりません。その上、掲載期間・求人掲載数は無制限のため、急に欠員が発生したときにもすぐに求人掲載できます。

 

他にも、採用担当者にとって嬉しい特徴がありますので、ご紹介します。

 

engage(エンゲージ)に掲載すると、複数の求人サービスに自動掲載される

engage(エンゲージ)の自動連携先

engage(エンゲージ)に掲載をすると、自動で複数の求人サービスに自動掲載されます。Indeedをはじめ、求職者からの認知度が高い求人サービスに無料で連携できるため、応募効果が見込めます。その中でも「LINEキャリア」は、engage(エンゲージ)だけが無料で掲載できます。

engage(エンゲージ)1つで、人材の見極め・動画面接・定着支援も

 

engage(エンゲージ)の機能(見極め・動画面接・定着支援)

 

engage(エンゲージ)が支援できるのは、採用だけではありません。採用以外にも、面接時に求職者の見極めができる適性検査、面接の実施を「動画」にできる動画面接、そして、採用できた人がしっかりと定着して、活躍するための定着支援サービスなどの機能を使うことができます。

 

こうした採用に関する一連のサービスが、engage(エンゲージ)のアカウント1つあれば、基本無料でご利用いただけます。※無料で利用できる件数・人数を超える場合はオプションサービス(有料)になります。

 

すでに導入社数は24万社を突破し、採用支援ツールでは、国内No.1。無料で使えるだけではなく、企業の採用活動を包括的に支えるサービスがengage(エンゲージ)です。大手企業をはじめ、多くの中小企業が導入しています。

LINEキャリアとは?

LINEキャリアは、エン・ジャパン株式会社と、LINE株式会社による合弁会社「LENSA株式会社」が2018年10月にリリースした新しい転職情報サービスです。リリースから1年足らずで、会員数はすでに300万人以上の急成長を遂げています。

 

特徴は、LINEアプリ内の1機能として使用できること。求職者は新たなアプリをインストールする必要がありません。つまり、LINEアプリを使っているユーザーであれば、すぐにLINEキャリアを利用することができるのです。

 

LINEキャリアは「LINEバイト」と何がちがうの?と思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。簡単にいうと2つの違いは、メインとなる雇用形態が異なり、LINEバイトはその名の通りアルバイトの求人が掲載されていて、LINEキャリアは正社員向けの求人が載っています。

 

また、LINEキャリアは正社員登用制度があるアルバイト求人でなければ、載せることはできないので、LINEキャリアを利用しているユーザーは、正社員向けの転職志向が強い点が特徴です。

 

LINEキャリアのリリースによって、就職・転職求人をLINEアプリで探せるようになり、求職者は転職活動をぐっとしやすくなりました。そのため、LINEキャリアに求人を掲載すれば、応募への期待が高まり、採用機会を拡大することができるでしょう。

 

engage(エンゲージ)の求人をLINEキャリアに掲載するには?

 

engage(エンゲージ)とLINEキャリア連携

 engage(エンゲージ)に求人掲載をすると、LINEキャリアに求人が自動で掲載されます。 つまり、engage(エンゲージ)の求人をLINEキャリアに掲載するには、特別に何かをする必要はなく、engage(エンゲージ)で求人を公開するだけでOK。

 

ここからは、engage(エンゲージ)で求人を公開する方法を詳しく解説していきます。engage(エンゲージ)のアカウントを、まだ持っていない方もご安心ください。登録方法を画像で説明していきます。

まずはアカウント登録(1分)

まずはengage(エンゲージ)のアカウント登録からはじめましょう。ネットでengage(エンゲージ)と検索してページに入るか、こちらから登録を進めていきましょう。もちろん登録の際に、費用はかからないので、ご安心ください。

 

登録画面に遷移すると下図が出てきますので、必要項目を入力して登録ボタンをクリック。これで登録完了です。

アカウント登録画面

 

採用ページ作成(5分)

登録が済んだら、次は採用ページを作成する流れになります。もちろん、ここも無料です。勝手に有料サービスへ移行することはありませんので、ご安心ください。

 

採用ページの作成は、デザインテンプレートを選択するだけ。後からテンプレートやカラーを変更できます。下図のようにデザインや写真を選択していきます。画像のアップロードができるので、独自のデザインにカスタマイズするもOK。

 採用ページ作成1 

URLは自分で設定することもできますし、下図のように出てきた「おすすめ」の中から選ぶこともOKです。(こっちの方がラクです!)

 

採用サイト作成2

 

これで完了。5分もかからず採用サイトができました。ただし、まだコンテンツは完成していないので、もっとこだわって採用サイトを作成したい方は、下記記事をチェックして、作成してみてください。

 

 

メールを確認する

求人の作成を進める前に、登録画面で入力したアドレスの受信フォルダへ。さきほどアカウント登録をしていましたが、まだ仮登録状態ですので、本登録手続きへ。engage(エンゲージ)から下記のようなメールが届いているはずですので、メールを開封してみましょう。メールにはリンクがあるので、URLを押せば本登録完了になります。件名は、「engage(エンゲージ)」本登録のご案内、です。

 

     メール認証

求人作成(10分)

管理画面に戻り、求人作成に移ります。こちらも作成はカンタン。求人作成のフォーマットが用意されているので、入力していくだけでOK。下図のようにフォーマットに入力していけば、すぐに求人が完成します。できあがった求人がどのように仕上がっているのか見たい場合は、プレビューボタンから確認できます。修正は何度でもOK。もちろん費用はかかりません。

求人作成画面

 

内容がOKでしたら、「編集を完了」ボタンをクリック。すると掲載ボタンがでるので、クリックすれば掲載完了です。これで採用サイトでの募集が開始されます。

 

求人掲載ボタン


いかがでしょうか。このように登録から10分ほどで簡単に求人を掲載できます。これでWeb上に採用サイトが公開され、求人も掲載されている状態に。募集をスタートできます。

 

LINEキャリアではどのように表示されるの?

engage(エンゲージ)からLINEキャリアに自動掲載されたら、どのように表示されるのでしょうか。ここからは求職者から見たときの、LINEキャリアでの求人表示方法を、画像付きで解説していきます。

 

①LINE上でLINEキャリアを「友達登録」する

「友達登録」すると、LINEキャリアの公式アカウントから、LINEトーク上にメッセージが届きます。色々なメニューが用意されていますが、今回はLINEキャリアの「TOPはこちら」にとんでみましょう。

 

LINEキャリア表示方法

 

 

②特集のなかからピックアップ

LINEキャリアのTOPにいくと、ピックアップ求人や、さまざまな特集を見ることができます。LINEキャリア側で求人原稿の内容から判断され、自動的に特集に求人原稿が組み込まれます。ここでは、IT・WEB業界特集をクリックしてみましょう。

 

LINEキャリアの表示方法

 

 

③「新着順」で表示される  

LINEキャリアの表示方法

該当する求人案件が一覧で見ることができます。表示順は、「新着順」。他に「年収順」「人気順」に変更することが可能。気になる求人は「気になる」でお気に入り登録できるようになっていて、「詳細を見る」ボタンで、求人原稿の全体が見れるようになっています。一般の有料求人サイトと変わらない仕様を、無料でご利用いただけます。

 

 LINEキャリアに掲載されるまでどのくらいかかる?

engage(エンゲージ)に求人掲載してからLINEキャリアに掲載されるタイミングは、engage事務局の求人審査完了後(1営業日後)です。もし、2営業日以降もLINEキャリアに掲載されていない場合は、LINEキャリアの「掲載規約」に違反している可能性があります。詳しくは次の「よくある質問」で解説します。

 

よくある質問

/

ここからはよくいただく質問についてお答えします。

LINEキャリアに求人が掲載されていません。どうして?

LINEキャリアに求人掲載されない場合、掲載規約に違反している可能性が考えられます。また、不備があって掲載されていなくても、LINEキャリア側から特にメッセージは届きません。掲載されているかの確認を、実際にLINEキャリアの求人ページにアクセスしてチェックした方が良いでしょう。

 

また、下記の掲載規約をクリアしているかどうかも確認しましょう。LINEキャリアは正社員向けの求人サービスなので、掲載できる雇用形態は限られます。下記3つの雇用形態のうちどれか一つに当てはまれば、LINEキャリアに求人掲載できます。

 

LINEキャリアの掲載規約3つ

■中途採用(正社員/契約社員)の求人

 

■既卒/第2新卒歓迎の新卒求人

 

■正社員登用制度があるアルバイト求人

 

LINEキャリアからの応募が来たってわかるの?

LINEキャリアから応募が入ってきたかどうかは、engage(エンゲージ)の管理画面上からでは分からない仕様となっています。自動連携している他の求人サービスも同様で、応募がきたら「応募者」として管理画面上に反映されます。

※Indeedのみ、応募者に「i」マークがつく仕様となっています。

 

LINEキャリアから応募があると、その後どうなるの?

LINEキャリアから応募が来たら、企業の管理画面に「応募者」の情報が届きます。同じ画面から「応募者」に直接メッセージを送り、面接日時の調整を行ないましょう。その後は、実際に面接等を行ない、採用選考を行なう流れとなります。

 

「engage事務局に報告せず、企業側で勝手に採用選考を進めても大丈夫か?」といった質問をよくいただきますが、まったく問題ありません。engage(エンゲージ)を介さず、応募者と直接やりとりをして、採用選考を進めてください。応募後の管理画面の操作方法や流れに関しては、こちらをご確認ください!

LINEキャリアから求人の掲載を落としたい。どうすればいい?

「採用ができたから求人を非掲載にしたい」など、求人の掲載を表示させたくない場合、簡単に設定いただけます。下図のように求人の「公開中」「非公開」を選べるので、「非公開」を選ぶだけで、非掲載に。後日また掲載したくなったら、公開ボタンを押すだけ。とってもカンタンですね。

公開、非公開ボタン

 

まとめ

engage(エンゲージ)の求人をLINEキャリアに掲載する方法をご案内してきました。engage(エンゲージ)を使って求人を出したほうが、LINEキャリア、Indeed、Google しごと検索、Yahoo!しごと検索、求人ボックスなどにも対応できるので、応募が見込めます。

 

すでに私たちの生活には欠かせないツールとなっているLINE。そんなLINEが新しく転職情報サービスをスタートした「LINEキャリア」は、今ユーザーがぐんぐん増えているサービスです。LINEキャリアに無料で掲載できるのは、engage(エンゲージ)だけ。この機会にぜひ、ご利用ください。きっと貴社の採用活動のミカタになるはずです。