エン・ジャパンの新サービス「engage(エンゲージ)」を解説

「求人出すなら、エン・ジャパンの新サービス「engage」♪」

 

この「engage(エンゲージ)」のテレビCM。最近見た!という経営者や人事担当の方は多いかもしれません。実は、この「engage(エンゲージ)」は、東証一部上場企業であるエン・ジャパン株式会社(以下、エン・ジャパン)の新サービス。あまりご存じないという方に向けて、まずはエン・ジャパンについてご紹介していきます。

 

CHECK!

1月~3月は1年の中で最も転職活動が活発になる時期。つまり、求人を出すチャンスです。

 

無料で求人を掲載したい方は、engage(エンゲージ)に無料登録を。Indeedをはじめ、LINEキャリア、求人ボックス、Google しごと検索、Yahoo!しごと検索の求人サービスにも自動で掲載されます各社の掲載条件を満たした場合

 

もちろん、採用後に費用がかかる成功報酬ではありません。0円で採用できます。

 

engage(エンゲージ)の導入社数は、24万社を突破。東証一部上場のエン・ジャパンが手掛けるサービスですので、安心して利用いただけます。

 

 

 

エン・ジャパンって、どういう会社?

エン・ジャパンは、東証一部上場、求人情報メディア・人材紹介サービス等を展開する日本の企業(本社:東京都新宿区)です。

 

社名

エン・ジャパン株式会社 en-japan inc.

設立

2000年1月

資本金

11億9,499万円(2019年3月末現在)

上場市場

東京証券取引所 市場第一部証券コード:4849

売上高

連結:487億3,300万円(2019年3月期実績(

従業員数

連結:3,351名 単体:1,506名(2019年3月末現在)

事業内容

人材採用・入社後活躍サービスの提供

 

1)インターネットを活用した求人求職情報サービス

 

2)人材紹介 (厚生労働大臣許可番号 13-ユ-080296)

 

3)社員研修

 

4)人事コンサルティング、適性テスト

   

求人サービスでは、「エン転職」、「ミドルの転職」、「AMBI」といった正社員転職向けの情報サイト、「エン派遣」「エンバイト」など多様な働き方に対応する情報サイトを運営しています。


また、人材紹介業「エン エージェント」、社員研修や人事コンサルティングなども展開。人の採用だけに留まらず、企業が悩む社員の教育や評価も含め、総合的な支援をしています。


「仕事を大切に、転職は慎重に」というメッセージを、設立初期の頃から世の中に発信。安易に転職を煽らず、もし求職者が転職をする場合は、入社後の活躍までを見据えてサポートすると公言し、一部上場した現在でも続けています。


2020年1月には、アメリカの経済誌「Forbes」のアジア版「Forbes Asia」が選出する、アジアの売上10億ドル以下の優良企業200社リスト「Asia’s 200 Best Under A Billion」に2年連続で選ばれ、ますます成長が見込まれています。

 

エン・ジャパンが手がけているサービスについて

エン・ジャパンが展開する、代表的な人材採用・入社後活躍サービスについてご紹介します。

エン転職

総合満足度No.1 日本最大級の転職支援サービス

 

サービスに登録している会員数(求職者数)は800万人以上。「エン転職」は、日本国内で最大級の規模を誇る転職支援サービスです。

 

2018年、2019年と2年連続で、「オリコン顧客満足度ランキング(転職サイト部門)」にて総合1位を獲得。もっとも使いやすく、満足度の高い転職サイトとして表彰されています。


その理由は、求人をする企業1社1社に、エン・ジャパンの担当者が訪問し、会社や仕事の魅力を徹底取材した求人広告。

 

加えて、現社員や元社員のクチコミ、企業担当者のコメントなども情報提供するなど、他の転職サイトにはない多面的な情報提供が、会員から評価されています。

ミドルの転職

国内唯一 ミドル世代のための転職サイト


日本で唯一となる30代・40代(ミドル世代)のための転職サイトです。終身雇用制度の見直しや定年延長などを背景に、増加するミドル世代の転職を支援するサービスです。


培ってきた仕事の経験やスキルによって、転職が難しいと言われるミドル世代に特化した、国内最大級となる10万件以上のミドル向け求人を準備。また、忙しく転職活動に時間をかけにくいミドル世代向けに、インターネット上でのビデオ面談機能なども搭載。転職活動自体の生産性を向上させる仕組みが好評です。

AMBI

若手ハイキャリアのための転職サイト

 

転職において給与・待遇だけを重視せず、得られる「働きがい」や「貢献していく実感」にも重点を置き、キャリアを築く20代~30代の若手層、いわゆる「若手ハイキャリア」向けの転職サイト「AMBI」。

 

若手であっても年収500万円以上の求人や、幹部候補・次世代リーダー・マネージャー向けの求人を多数掲載するサイトとして、より高いパフォーマンスを発揮できる企業を探す、若手人材の転職活動を支援しています。"

エン派遣

利用者満足度No.1 日本最大級の派遣のお仕事探しサイト

 

派遣で仕事を探す求職者と、全国の優良人材派遣会社を結ぶ、日本最大級の派遣情報集合サイト「エン派遣」。

 

「時間限定で働きたい」、「決まった勤務地で働きたい」ほか、働くことへのさまざまな希望と、派遣会社が持っているお仕事情報のマッチングがしやすいサイトとして好評。2017年、2019年「オリコン顧客満足度ランキング(派遣情報サイト部門)」において、全項目で第1位を獲得しています。

エンバイト

 派遣バイトだから自分の働き方に合う仕事を探せるキュレーションアルバイトサイト


時給1200円以上をはじめ、単発&日払いや時短シフトなど、さまざまな働き方に対応した、派遣会社ならではのアルバイト情報を多数掲載している「エンバイト」。

 

従来の仕事情報サイトのような検索によるお仕事探しだけではなく、AIを使ったおすすめ(キュレーション)求人の表示や、編集スタッフが見つけたおすすめ情報なども提示。未経験の求人に応募する会員の、背中を押す親切なサイトとして好評です。

エンエージェント

入社後の活躍・定着まで支援するエンの転職エージェント

 

人材紹介業として、2020年「オリコン顧客満足度調査(転職エージェント部門)」にて、紹介案件満足度1位を獲得。

 

求職者一人ひとりに対して、専任のキャリアパートナーが担当として立ち、転職成功まで併走するサービス。また転職が決まり、入社した後も、一定の期間、定期的に連絡し、転職サポートを実施する等、「入社して終わり」ではないサービスが、求職者に評価されています。

カイシャの評判

誰もカンタンに自分に合った会社を見つけられるクチコミサイト

 

実際に働いたことのある社員・元社員からのクチコミを掲載したコミュニティサイト「カイシャの評判」。日本全国60万社近くの会社の「企業の良い点、気になる点」や、「給与」、「平均勤務時間」などが書き込まれ、現在もクチコミ数が急増中です。


就職や転職の前に、会社の実情や評判を知ることが可能になるため、求職者は自分に合った企業がカンタンに見つけられます。

 

 

エン・ジャパンの新サービス『engage』って何?

 

2000年の設立から、様々なサービスを展開してきたエン・ジャパン。ここからは、エン・ジャパンが新たに始めたサービス「engage(エンゲージ)」について、ご紹介します。

engageは、何ができるの?

「engage(エンゲージ)」でできる、8つの機能を紹介します。

①無料で採用サイトがつくれる

会社に応募しようか迷っている求職者であれば、必ず確認すると言われている採用サイト。「engage(エンゲージ)」なら、無料でカンタンにつくれます。

 

採用サイトをつくるには、「プログラミングやデザイン、パソコンが得意でないと無理…」と思われるかもしれませんが、「engage(エンゲージ)」では一切不要。

 

最初から用意されたデザインのテンプレートを選んで、ブログやSNSのように文字を入力。写真も掲載するだけ。わずかな時間と手間だけで、あっという間に採用サイトが公開できます。

 

しかも、自分でつくる分、制作費は0円。専門のデザイン会社などに制作を依頼すると、数十万円~数百万円かかるレベルの採用サイトが無料で作成できます。社長からのメッセージ、先輩社員のインタビュー、仕事風景の写真など、制限なく掲載が可能です。

②無料で求人を掲載できる

採用サイトだけではなく、求人も無料で掲載できます。同じ職種で、正社員募集と契約社員の募集を分けて掲載しても無料。同じ職種で勤務地別に求人を掲載しても無料です。

 

転職サイトやハローワークの求人よりも細かく分けて求人を掲載できるため、求職者からはわかりやすくなります。

 

掲載期限もないため、人員が充足しない場合は、求人を改善しながらずっと無料で掲載し続けることも可能。さらに採用が上手くいって何人採用しても無料です。"

③無料で他の求人サービスに掲載される

「engage(エンゲージ)」で求人を公開すると、無料で他の求人サービスに掲載されます。

 

CMで話題の「Indeed」をはじめ、メッセージアプリLINEの転職サービス「LINEキャリア」、Googleの求人検索サービス「Googleしごと検索」、ポータルサイトYahoo!の求人検索サービス「Yahoo!しごと検索」、食べログなどを運営するカカクコム社の「求人ボックス」にも自動掲載。これら5つのサイトに掲載されるのは「engage(エンゲージ)」の求人だけ。

 

それぞれの求人サービスを利用している数百万を超える求職者にも、無料で求人が届くようになるため、応募者数の増加につながります。"

④無料で動画面接が試せる

「動画面接」というサービスを、ご存知ですか?

 

まだ、あまり馴染みがないかもしれませんが、動画面接とは、応募者が撮影した動画によって、企業が一次面接などを行なうサービスです。

 

たとえば、応募者がスマホなどによって「志望動機」や「自己紹介」を話す場面を自撮りで撮影。その撮影した動画を、企業が見て選考。書類選考に加えて、動画で応募者の話し方や人柄が確認できるため、採用にかける時間の削減につながります。

 

「engage(エンゲージ)」は、その動画面接サービスのひとつ、『Video Interview』を無料で試すことが可能です。

 

無料利用の上限はありますが、遠隔地からの応募者に対して一次選考の実施や、面接日程が合わない応募者から動画を送ってもらうといった使い方もできます。

⑤無料でオンライン適性テストが使える

利用企業数10,000社、115万人以上が受験したオンライン適性テスト「Talent Analytics(タレントアナリティクス)」も、無料で利用可能です。

 

こちらも無料利用の上限はありますが、面接ではなかなか見抜きづらい応募者の「性格分析」ができるテスト。「期待した入社者が、すぐに辞めてしまった」「人を見る目に自信がなくなった」といった企業には、ぜひ一度試して頂きたいサービスです。

⑥無料で応募管理ができる

「engage(エンゲージ)」では、応募管理画面を無料でご利用いただけます。掲載した求人に応募があった場合は、応募者が一覧で表示され、「未連絡」「選考中」「採用」「不採用」など選考状況が一目でわかるようになっています。

 

さらに、画面内で応募者とのメッセージをやりとりできるため、別のメールブラウザー等を立ち上げる必要もありません。無料で、カンタンに面接日程の調整や合否連絡が可能です。

⑦無料でスカウトメールが送れる

求人を掲載して、応募者を待つだけでなく、直接求職者をスカウトする「スカウトメール」も、週10通まで無料で送信することができます。

 

スカウトの送信対象は、「エン転職」の膨大な会員800万人の中から、「(学校)卒業年」「最終学歴」「地域」「職種」「スキル」などで、自社の求める人材を探すことが可能。経験者採用や地域別採用などにも有効です。

⑧無料で退職防止ツールが使える

入社した新入社員がすぐに辞めてしまう…。そんな経験はありませんか?早期退職されてしまうと、企業側で採用するためにかけた時間や労力は水の泡。

 

たとえば、入社後3カ月で社員が退職すると、求人にかけたお金はもちろん、研修費用、3か月分の給与などを合わせて数百万円の損失になると言われています。

 

そのため、「engage(エンゲージ)」では、早期退職を未然に防ぐためのツール『HR Onboard(HR オンボード)』も無料で利用可能(上限あり)となっています。

 

入社者に毎月アンケートを実施し、「仕事の習熟状況」や「人間関係」などの不安や不満などがお天気マークとコメントで目に見えるようになり、定期的に的確な上司や先輩からのフォローやアドバイスが実施できるようになります。

 

 

 

engage(エンゲージ)を今すぐ、使ったほうがいい会社は?

「engage(エンゲージ)」を今すぐ、使った方がいい会社は、下記のような会社です。当てはまったら、ぜひ利用を検討してください。

 

採用の予算が確保できなくて困っている会社

中途採用、新卒作用、アルバイト・パート採用、業務委託の採用など、とにかく採用にはお金がかかるもの。

 

しかし、「そもそも採用の予算が確保できない…」と困っている会社は多いのも現実です。それならば、無料の「engage(エンゲージ)」を使ってみることをおすすめします。

 

すぐに上手くいかなかったとしても無料です。たくさん求人を出しても、いつまで求人を出しても費用はかかりません。失敗を恐れず、お金の心配なく求人を出せる「engage(エンゲージ)」は、採用予算を確保できない会社の強い味方になるはずです。

ハローワークで募集してるけど全然応募がこない会社

もう何年もハローワークで募集しているものの、全然応募が来ていないという会社は、ぜひ「engage(エンゲージ)」を。

 

所轄のハローワーク以外からの応募者が集まりにくいハローワークと比較して、「engage(エンゲージ)」であれば、インターネット上にいる全国の求職者が応募可能です。

 

10年間、ハロ―ワークで採用できなかったという企業が「engage(エンゲージ)」で求人を公開したところ、県外からの社員を採用できた!という事例もあるほどです。

採用サイトを無料でつくりたい会社

社長からのメッセージ、社員のインタビュー、仕事風景の写真など、会社の雰囲気や社員の人柄を伝える採用サイトは、まだまだつくっていない会社が多いです。その理由は、やはりお金の問題。

 

応募者の気持ちになれば、あった方がいいのはわかっていても、お金の問題が…ということであれば、一刻も早く無料の「engage(エンゲージ)」で採用サイトをつくることをお薦めします。

とにかくすぐに求人を掲載したい会社

急な退職や欠員補充が必要で、採用できるならすぐに求人を掲載したいという会社も「engage(エンゲージ)」を使った方が良いでしょう。


求人の作成だけなら10分ほどで公開可能。公開後数日で応募が来て、すぐに面接して、数日で採用できたという企業もあります。ハローワークに求人票を提出するよりも早く、もちろん有料の求人サイトに問い合わせをするよりも迅速に、求人を掲載可能です。

1年中採用をしている会社

とくに採用の期間を定めず、1年中採用の門戸を開いている企業にも、「engage(エンゲージ)」はおすすめです。


なかなか採用しづらい職種や、採用できれば何人いても問題がないサービス系・飲食系のアルバイト採用などの通年採用には無期限、無料で求人が掲載できる「engage(エンゲージ)」は特に使い勝手が良いでしょう。

 

掲載中に、求人内の勤務店舗や勤務時間の変更があったとしても、無料でカンタンに修正ができることもメリットです。

 

 

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。「engage(エンゲージ)」を運営しているエン・ジャパンってどんな会社?「engage(エンゲージ)」って何?という疑問が、解消されていれば幸いです。


改めてとなりますが、「engage(エンゲージ)」は、エン・ジャパンの新サービス。お金をかけられる会社だけが採用できるのではなく、全ての企業で採用ができるようにしたい。安かろう悪かろうではなく、採用ツールを無料で開放することで、日本の採用を変えたい。そんな想いから生まれたサービスです。

 

もっと多くの企業に、無料で使って頂きたい。そして、採用を成功させて頂きたいという想いはこれからも変わらず、さらに使いやすいサービスへ進化中。ぜひ今、このタイミングで「engage(エンゲージ)」の導入をご検討ください。