powered by─ ASK GROUPの採用・求人情報

次代を担う若手社員の声

MORE INFO
職種別・仕事のやりがいとは?
それぞれの想いを胸に入社した先輩社員。実際に仕事をしてみて、昨日より今日、今日より明日、どんなことにやりがいを感じながら成長しているか聞いてみました。
  • デザイナーの場合
    「無を有にする」難しさとおもしろさを日々実感しています。正解も公式もない中で、最終的にどのような出口を目指すべきかを見失わないように気を付けながら、自分のすべきことを逆算して考えつつ仕事をしています。自分の提案が採用されたり認められたりする瞬間は、やはり嬉しいです。(開発事業・入社3年目)
  • プランナーの場合
    自分が新人でも若手でも、クライアントとなるのは企業の社長や経営者がほとんどです。商業施設の場合、施設にどんな店舗を誘致するかは、ビル側から見てもテナント側からみても経営の根幹に大きく関わるので、流行の仕掛け人としてだけでなく、経営者の右腕として貢献できるところがやりがいでもあり大きな刺激にもなっています。(運営事業・入社2年目)
  • スタッフの場合
    毎日同じこと・同じ作業の繰り返し、ということはほとんどありません。ビジネスの状況が日々目まぐるしく変化する中で、物事を円滑に進めつつプラスアルファのホスピタリティを発揮するには、常に先を読んで対応する必要があります。大変なことではありますが、ボスの仕事のリズムを崩さないよう細やかに気を配る中で、自分の引き出しが徐々に増えていく楽しみを感じています。(秘書・入社1年目)
MORE INFO
属性別・就職活動を振り返って
先輩たちに、「あの頃」を振り返ってもらいました。就職活動をする上で、一番心がけていたこととは?
  • 理系男子の場合
    周りに流されないように気を付けていました。特に「就活の極意」のような情報はあまり信じていませんでした。会社と自分との縁というのは、最終的には人対人なわけですから、決まりきったことばかりを話したところで意味はないと思っていました。あくまでも自分が考えたことを大事にして、自分自身の言葉で話せるように心がけていました。(日本大学大学院卒)
  • 文系男子の場合
    人とよく話をするようにしていました。周りの友人や親はもちろん、大学や高校の先輩にもOB訪問させてもらいました。人と話す一番の目的は、情報収集のためでもありますが、それ以上に自分一人で悩みなどを抱え込まないようにすることでした。そのおかげで、自分の中に余裕を持って就職活動を乗り越えられたのだと思います。(慶應義塾大学卒)
  • 理系女子の場合
    言葉づかいや姿勢、身なりといった基本的な部分はしっかり意識していました。第一印象が最も大事だと思っていたので特に気を使いました。また、私は面接で緊張しやすかったので、頭が真っ白にならないように準備を入念にしていました。自分が興味を持ったことや趣味に関する話など話題を幅広く用意した上で、知識や裏づけなどをより詳しく調べ、とっさに使えるようにしていました。幅広く情報収集することも大事かもしれませんが、私は器用ではなかったので、今ある自分の感覚を研ぎ澄ませることに集中していました。(法政大学大学院卒)
  • 文系女子の場合
    自分を繕わずに自然体でいることを常に心がけていました。その会社に自分が本当に合っているのか、自分はもちろん企業側にも正しく判断してもらえるように自分らしさを大事にしていました。また、自分が今後の人生で何を大切にしていくのか、将来設計と照らし合わせながら進めることも意識していました。自分の軸をしっかり定めないと方向性もぶれてしまうので、就職活動を自分の可能性を広げるチャンスだと思って楽しんで取り組んでいました。(成蹊大学卒)
採用ページTOPへ戻る
SHARE