株式会社 応用ソフト開発の採用・求人情報

careers at
株式会社 応用ソフト開発
『不可能を可能に…その可能性を無限に…』実現できるのは私たちです。

私たちと一緒に働きませんか?
掲載中の求人情報はこちらarrow
MESSAGE
代表からご挨拶
『ありがとう』
この言葉は人の心を満たしてくれる。
弊社、応用ソフト開発は、ソフトウェア開発を通して、一人ひとりが彩やかに輝く社会を目指し、医薬と電力を中心に1984年の創業以来、一環して情報システム開発を行っております。
また、私たちは業務遂行にあたり、命を守ることを「理念」とした事業活動を心掛けています。

私たちの「経営理念」には「すべての社員が主役であること」、「常にお客様の目線で考えること」、「合理的で高品質なサービスを提供し続けること」が柱になっており、常にこの3つすべてがバランスする会社であるように日々務めています。

おかげさまで事業も順調に拡大しており、お客様と近いところで成長していける事は何よりも変えがたい私たちの財産でもあります。
そして、長い間変わらずに応用ソフト開発とお付き合いいただいているお客様がいることは、弊社の誇りでもあります。
今後はこの「信頼」を大切にしながら、私たちは「夢」の実現に向けて、これからもっともっと新しいことにチャレンジしていきます。そのために私たちには、もっと多くの仲間が必要なのです。

「事業は人なり」といわれるように、会社が成長する源泉は、社員一人ひとりがキラキラと輝き、幸せになる事だと考えています。
みんながチャレンジできる会社。そのチャレンジをみんなで支えていける会社。もし共感していただけましたら、是非ともその一員になっていただきたいと思います。

あなたのご応募を心よりお待ちしております!!


株式会社応用ソフト開発
代表取締役 鈴木克彦
ABOUT
『ありがとう』
この言葉は人の心を満たしてくれる。
そしてそれは信頼への始まり。。。

この言葉で笑顔になる人がいるから、私たちは頑張れる。
そして、この言葉に勇気をもらい希望を見出す。

でも世の中には、毎日を不安な気持ちで暮らしている人々が現実にいる。
顧みられない病気と戦い続ける子供たちや電力がないと生命(いのち)を
維持することが難しい人たち。
彼らの目には見るものすべてが、まるでモノトーンのように映っているのかもしれない。

今、私たちがやるべき事。
それは、一刻も早く困っている人々のために希望の明りを灯すこと。

単なるソフトウェアの枠だけに留まらず、
私たちが持つITの力とスピードを最大限に駆使して色彩(あざ)やかな社会を創造し、
その先の未来につなぐことを約束します。
  • 製薬会社から委託を受け、特にオーファンドラッグ(※1)の市販後調査(※2)や治験に関するデータ情報の整合性をとり、データベース構築から入力などのデータマネジメント業務、集計解析、結果出力まで一連の情報処理業務を行っています。
  • 電力設備研究機関や電力会社からの委託を受け、オンライン制御システムの開発及び保守。
    潮流解析プログラムや工務系保守システムなどの技術計算用プログラムの開発を行っています。
MEMBERS
社員インタビュー
当社社員のインタビュー記事です。以下の質問に答えてもらいました!

 1.当社に入社した理由を教えてください。
2.あなたの仕事内容、またやりがいを教えてください。
3.仕事で印象に残っていることを教えてください。
4.これから当社を志望する方へのメッセージをお願いします。
  • データマネジメント Aさん
    1.単純作業や指示された作業を黙々とやるよりも、考えて工夫するような仕事が好きで、データマネジメントという仕事に興味が沸きました。
    また、家庭もあるので、長く勤められる会社に勤めたいという思いから、30年以上続く安定した会社という事で、入社を決意しました。

    2.当社では新電力事業が始まり、事業の形もなく、私自身も電力の知識がまったく無い、0からのスタートでした。仲間たちと協力し合いながらやっと事業が形になり始めています。
    大変な事も多いですが、自由に造りあげることができ、とてもやりがいがあります。
    我が社の3本目の柱事業になれるように、仲間たちと日々奮闘しています。

    3.当社では月1回程度、7つの習慣勉強会を実施しています。
    7つの習慣という本を読んだ感想レポートを元に意見交換を行っていますが、プライベートの話、前職での経験談、それぞれの考え方等を深いところまで話すため、毎回新しい発見があり、感動しています。
    色々な考え方を知り、自分の視野が広くなったことで、人生観が変わりました。
    また、なかなか話す機会のない、他の事業部の方と話すことで、勉強会を始める前とは比べ物にならないほど社員同士の繋がりが太くなり、業務での相談事もしやすくなりました。

    4.1人の力でも十分に会社を動かす事ができます。そして、協力してくれる仲間が居ます!
    チャレンジし続けたい人!ぜひ一緒に働きましょう!
  • 電力システム開発 Hさん
    1.私は当社を、「人の生活を支えるシステムの開発に携わりたい」という理由で志望しました。
    私は茨城出身であり、東日本大震災の際にはライフラインが停止しました。前日までの何気ない生活ができない不安の中で、自分にとっての当たり前は、人によって支えられていたことを実感しました。
    当社の主力事業である電力・医薬事業は、一見目立つことはないかもしれません。
    一方で、これらの仕事は、多くの人にとっての当たり前の生活に繋がっています。
    私はシステム開発を通して人の生活を守っていきたいと感じ、当社を志望しました。

    2.現在は、電力小売自由化に向けた電力取引システムの開発業務を担当しています。
    入社1年目は先輩社員のサポートのもと、主にプログラミング工程、テスト工程を担当していましたが、2年目以降は設計工程にも携わる機会も増えてきました。
    やりがいは、システム開発をする中で社会との繋がりを感じられることです。
    電力小売自由化に関する制度は、着々と変化しています。
    もちろん、その分多くの業務知識が求められ、それらをシステムに反映させる難しさはあります。
    しかし、システムの開発を通して、電力小売自由化を初め、社会の変化を感じることができる非常にやりがいのある仕事です。


    3.入社後初めて担当した案件にて、プログラミング工程で処理が思うように動かずに行き詰ってしまったことがありました。
    最初は自分だけで解決しなければと考え、とても焦っていました。
    しかし、先輩社員に「大丈夫?」と声を掛けて頂きました。
    話をする中で、焦っていた気持ちを落ち着けて状況を整理することができました。
    その後、先輩社員のアドバイスを受けながら試行錯誤を繰り返し、無事にプログラムをリリースすることができました。
    この経験により、知識・技術共有の面だけではなく、精神的なサポートの面からも仕事をチームですることの意義を感じることができました。

    4.就職活動をする中で、たくさんの企業との出会いがあるかと思います。
    その際に、会社の規模やネームバリューだけではなく、是非会社の中で働く人や社風を見て下さい。
    5年後、10年後、一緒に働きたいと思える人、ここで成長したいと思える会社に出会えることを心から願っています!
  • 電力システム開発 Tさん
    1.当社の主要事業である医薬と電力は、どちらも生活の中でとても身近なものです。
    では、その薬剤や電気の供給がストップするとどうなるか、想像してみて下さい。実際に、近年のコロナ禍や自然災害被害からも分かるように、影響は甚大です。このような影響を未然に防ぐために、陰ながら支える方々がいるからこそ、私たちは安心して生活できます。私もそういった生活を支える仕事に従事したいと考え、当社を志望しました。
    最初は、プログラミング未経験の私が、エンジニアとして役割を担っていけるか不安な気持ちもありました。ですが、エンジニアの成長をサポートする研修制度が整備されていることを知り、チャレンジする勇気を持つことができました。

    2.配属後はパーソナルデータに対する集計解析のプログラム作成、業務効率化ツールのメンテナンスや、Webページの改修などの業務に携わってきました。
    入社後に受講した研修では、実際の業務を想定した、複数人のチームでシステムを作成する課題がありました。そこでは、プログラムの構成がある程度提示されていたので、無事にシステムを完成できました。
    しかし、実際に現場に出ると、研修のようには進まない場面がありました。例えば、1つの機能を作るにも、お客様のご要望を実現できるのか、どのようにプログラムを組み立てるかといったことを検討します。
    つまり、単純にプログラムを作るだけでは足りず、複数の視点からより合理的な方法を導き出すスキルも必要です。難しさもありますが、お客様の要望を形にするために試行錯誤し、ときにはメンバーと相談しながら開発を進めるときに、仕事の面白さを感じます。

    3.当社には教育委員会・防災委員会・渉外委員会があり、私はその中でも防災委員会の委員長を担当しています。防災委員会では、社員の安全を守るために、災害や感染症の流行などの事案が発生した場合の対策や、予防策を考え社内に浸透させる活動をしています。
    委員会のメンバーは、担当業務に関わらず構成されます。通常、担当業務が異なると、コミュニケーションをとる機会が少ないイメージがあるかもしれません。しかし当社では、委員会のような全社横断的な活動により、担当業務の垣根を超えたコミュニケーションが活発です。これにより、他の社員が担当する業務知識や技術、アイデアの共有も活性化されていると感じます。

    4.就職活動では後悔のないように、本当に自分のやりたいことを探してみてください。
    そして、そのやりたいことに全力で取り組める会社や職業に出会えたら、恐れず一歩踏み出す勇気をもって飛び込んでみてください。
    応援しています!
  • 営業支援システム開発 Oさん
    1.合同説明会や会社見学を通して、居心地の良さそうな会社だと感じたからです。
    また、会社見学時の上司と部下の方々との自然なコミュニケーションからは、風通しの良さが伝わりました。実際に定期的な勉強会や懇親会などが開催されており、自分の感じたとおりの雰囲気の職場でしたので、当社を志望して良かったです。

    2.現在は勤怠管理システムや営業支援システムの開発を通して、主に中小企業の業務効率化のサポートをしています。
    特に、入社後最初に任された勤怠管理システム開発では、Raspberry piやPythonといった技術に初めて触れました。開発当初は手探りで進めていましたが、参考書を読んだり先輩に相談したりする中で、自分のスキルの1つにできました。もちろん一筋縄ではいきませんでしたが、その分システムが自分の思い通りに動いたときや、お客様から良い反応がいただけたときにはやりがいを感じます。

    3.お客様との打合せでは、要望や課題に対しサービスやシステムを提案します。
    この時、開発者にとっては慣れ親しんだ具体的な技術名も使って説明をしますが、お客様にとっては未知な内容も多く、分かりやすく伝えることはとても大変です。一方で、お客様の持つ業務知識は、私たちにとって初めて触れるケースもあります。このように双方の理解レベルにギャップがある事項は、打合せの中で齟齬がないように認識を合わせる必要があります。
    初めての打合せで、この必要性を上司から教わって以来、お客様との打ち合わせでは常に意識しています。

    4.世界的な混乱の中での就職活動となり、皆さんは例年の就活生以上に大きな不安を抱えていると思います。
    しかし、コロナ禍への企業の対応から組織の体質や将来性などを判断できるチャンスでもあります。
    是非、視野を広げて色々な会社を見てみてください。その中から、皆さんが自分の納得できる答えが見つかるよう祈っています。
COMPANY
会社名 株式会社 応用ソフト開発
事業内容 【医薬システム開発】
 製薬会社から委託を受け、特にオーファンドラッグの市販後調査や治験に関するデータ情報の整合性をとり、データベース構築から入力などのデータマネジメント業務、集計解析、結果出力まで一連の情報処理業務を行っています。

【電力システム開発】
 電力設備研究機関や電力会社からの委託を受け、オンライン制御システムの開発及び保守。
潮流解析プログラムや工務系保守システムなどの技術計算用プログラムの開発を行っています。

【ビジネス情報システム開発】
 企業法人向けに販売管理・財務会計・給与業務等の基幹業務に関するコンサルティングや統合ビジネスアプリケーションシステムの構築を行い導入・運用保守を行っています。
企業
WEBサイト
http://www.appsoft.co.jp/
企業
SNS
所在地 〒103-0004 東京都中央区東日本橋3-6-5 SAI BUILDING 4F



都営新宿線 馬喰横山駅A3出口より徒歩2分
都営浅草線 東日本橋駅A3出口より徒歩2分
日比谷線 小伝馬町駅1番出口から徒歩6分
日比谷線 人形町駅A4番出口から徒歩7分
JR 馬喰町駅1番出口から徒歩5分
リンクをコピーしました。
SHARE