powered by

─ Terroir愛と胃袋の採用・求人情報

careers at
Terroir愛と胃袋
私たちと一緒に働きませんか?
ABOUT
Terroir愛と胃袋について
八ヶ岳南麓、山梨県北杜の山里にあるフレンチレストラン。

かつて物流拠点だった築170年の「問屋(といや)」といわれる古民家を改築し、
「大切な方と樂しむ八ヶ岳ガストロノミー」をコンセプトにしています。

八ヶ岳のゆたかな自然と確かな仕事で大切に育てられた
野菜、川魚、放牧の畜産など厳選した旬の食材。

時には、シェフ自ら自然に分け入っていただいた
ジビエやキノコなどの山の恵みも厨房へ上がります。

大切な方と樂しむ食事の場として、
幼いお子さまからご年配の方など
どなたでもお食事を楽しめる場づくりや
ゲストやスタッフの健康や環境に配慮した食の提供、
しつらえを大切にしています。
  • 地の食には徹底してこだわる。
    が、地にとらわれすぎない食材選び。

    幼いお子さまやヴィーガンの方なども
    樂しめる多様性を大切に。

    七十二候の日本の暦を意識しながら
    コースを仕立てるなど、

    この土地・この時期・この仲間(生産者)が
    在るからこその「Terroir(テロワール)」を
    感じるお料理を心がけています。
  • Terroir愛と胃袋がある場所は、
    かつては「甲州佐久往還」と呼ばれた
    国道にある宿場町「長澤」という小さな集落。

    馬で運んできた荷物をこの場で入れ替えて、
    長野県佐久市へと運んでいく物流拠点。

    当時を感じさせる建物や調度品など
    貴重なものが数多く残されています。

    店舗へのリノベーションは
    新しいものに一新するのではなく、
    次世代へと残していけるよう、
    国産の木材や自然素材にこだわった
    改築をしています。
MEMBERS
オーナーの紹介
Terroir愛と胃袋は夫婦で経営する25席のレストラン。
幼い子どもを育てながら奮闘して経営していますので、
同じく子育て中の方や自らも将来独立を考える方を応援します!
  • シェフ
    鈴木信作
    1979年、長野県飯田市生まれ。15歳から日本料理店で修業を積んだ後、フレンチへ転向。フレンチ界の鬼才、植木将仁シェフの「レストランJ」ほか数店を経て2011年に独立。東京・三軒茶屋で「Restaurant愛と胃袋」を4年間営業後、2017年に八ヶ岳で移転開業。農と山の達人たちを師に、山菜やキノコ採り、鮎釣りなどを覚え、狩猟免許も取得。自然のなかの遊びと学びと恵みを料理に最大限に生かす。
  • マダム
    石田(鈴木)恵海
    1974年、愛知県名古屋市生まれ。グラフィックデザイン会社、リクルート、下高井戸シネマなどの勤務を経て、編集プロダクションで月刊『アントレ』をはじめ、起業やビジネス、進学など「自分らしい自立した生き方」にかかわる編集者・ライターとして活動。2006年、フリーランスに。鈴木信作と結婚後、ともにレストラン開業する。オーナー業のかたわら「mazecoze研究所」でコラムも連載。三児の母。
BUSINESS
事業内容
八ヶ岳ならでのゆたかな「食と暮らし」のおいしい文化的体験。

大切な方と古民家で樂しむ八ヶ岳ガストロノミー「Terroir愛と胃袋」の他、
2019年秋には、暮らしに近い古民家一棟貸しの宿、
八ヶ岳のクラフト作家の作品やコーヒー、長澤の棚田を楽しむ
ギャラリーカフェをオープンする予定です。
  • クラシカル&モダンな
    八ヶ岳ガストロノミー
    レストラン
    鈴木信作シェフを中心としたフレンチレストラン「Terroir愛と胃袋」を運営しています。

    当店の八ヶ岳の味を求めてご来店くださるお客さまは、遠くからは東京・大阪・名古屋からのご旅行でのご来客のほか、甲府市や茅野市などの近郊市外、地元に暮らす方とさまざま。
     
    季節感と五感で楽しめるお料理と接客、しつらえを心がけています。
  • 北杜市の「絶景」も
    召し上がっていただく
    食事会の企画・運営
    同じ長澤地区でがんばる若手の農園さんとタッグを組み、オーガニックの広大な畑にテントを張って、八ヶ岳ビューでお食事を楽しむ「農園キャンプ」。

    屋内外こだわらず北杜市らしい場所で特別なディナーを楽しむ「Dining Hokuto」。

    この地域ならではの「絶景」という資源を生かした屋内外での食事の場づくりに注力しています。
  • 八ヶ岳の作家の作品と
    コーヒーと棚田を楽しむ
    ギャラリーカフェ
    ちいさな店内では、Terroir愛と胃袋でも採用している八ヶ岳のクラフト作家さんたちによる器などの作品や、厨房や我が家でも愛用している地元のオススメ調味料などを企画・展示販売。

    また、長澤の棚田を愛でながら散歩とコーヒーを楽しむ「棚田コーヒー」も提供する予定。

    そのほか、古民家一棟貸しの宿のチェックインカウンターも兼ねています。
  • 暮らしと旅の
    あいだにあるような
    古民家一棟貸しの宿
    レストラン斜め向かいにある、かつては寺小屋だった古民家をリノベーションし、五右衛門風呂やかまどなど現役で使えるむかし暮らしのアイテムは残しつつも、カップルからファミリー、法人のチーム研修といった少人数の大切な仲間と気兼ねなくくつろげる空間に。

    レストランでディナーを召し上がっていただき、古民家宿に宿泊するというオーベルジュスタイルのサービスを提供します。
MORE INFO
GALLERY
古民家をつかったレストランの様子を写真で紹介します!
MESSAGE
わたしたちの想い
八ヶ岳ならではの「自然・食・人」の素晴らしさを
お店をとおしてたくさんの方に伝えたい
その伝道師としてお店を支えてくださるスタッフを募集しています!
COMPANY
アクセス
Terroir愛と胃袋

山梨県北杜市高根町長沢414
TEL0551-30-9199
SHARE